Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::旧約聖書::サムエル記第一
HOME > 旧約聖書 > サムエル記第一


サウルの悲劇的な最後
Iサムエル 31:1-13

 「そこで、サウルは剣を取り、その上にうつぶせに倒れた。」(4b)

I.自殺したサウル(1-6)
 サウルは恐れの中でペリシテとの戦争をしなければなりませんでした。ペリシテ人がイスラエルを打ち、イスラエルは戦うこともできずに逃げ、殺されました。王子ヨナタンさえも死に、神様の保護を失ったイスラエルは悲惨な敗戦を喫したのです(1,2)。サウルは、敵の手によって刺し殺され、侮辱されることを恐れて、自害しました(4)。こうしてその日にサウルと、三人の息子と、道具持ちなど、みな死にました。
 サウルは神様の望みの中、イスラエルの牧者、指導者として立てられました。しかし彼はこの大きな神様の恵みに背を向けました。神様に聞き従わず、自分の道を歩んだのです。そして、その結果、サウル一人の罪は彼自身の悲劇で終わらず、その民と子孫にまで、痛みと悲しみをもたらすこととなります。

II.サウルを葬ったヤベシュ人たち(7-13)
 ペリシテ人たちはサウルの死体をベテ・シャンの城壁にさらしました。そのとき、ヤベシュ・ギルアデの住民たちのうち、勇士たちがみな立ち上がり、サウルの死体をペリシテ人たちから奪い取り、葬りました。そしてサウルの死を悼み悲しんで七日間断食しました。彼らは過去サウルがアモン人たちから自分たちを救ってくれた恵みを覚え、その恩恵に報いました(Ⅰサム11章)。

祈り:主よ!私は、肉の思いのままに生きる者の最後が、いかに悲惨なものであるかを知っています。私を助けてください。どこまでも、あなたに従うしもべとしてください。

一言:自分の道を歩む者の最後
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
神様に栄光を帰するダビデ
Iサムエル 30:16-31

 「主が私たちを守り、私たちを襲った略奪隊を私たちの手に渡されたのだ。」(23b)

I.ダビデに栄光を帰する民たち(16-20)
 アマレク人たちはペリシテの地とユダの地から多くのものを略奪したことで、大きな喜びのあまり飲み食いし踊っていました。ダビデはこのすきを利用して、朝から次の日の夕方まで彼らを打ちましたが、らくだに乗って逃れた四百人を除いては、ダビデの軍隊から逃れる者がいませんでした。ダビデは、奪われたすべてのものを何一つ失わずに取り返した。祈りによって勝利の実を結びました。

II.栄光を神様に帰するダビデ(21-30)
 民たちはダビデがアマレクから取り戻した家畜を導きながら、「これはダビデの分捕り物です。」と言って、ダビデに栄光を帰しました(20)。しかしダビデは自分の栄光や傲慢に陥りませんでした。ダビデは帰って来る途中、疲労のあまり参戦できずに川のほとりで休んでいた民たちに訪ねて行きました。ところがダビデと共に参戦した者たちのうち、あるよこしまな者たちは「このような落伍者たちには妻子だけ返し、分捕り物を分けてやるわけにはいかない。」と言いました。
 ところがこのような時にダビデは何と言ったのでしょうか(23-25)。ダビデは、根本的に自分が勝利できたのは神様の助けによるものであることを知っていました。それで彼らは分捕り物はみな神様がくださったことを信じました。ダビデは分捕り物を、参戦した者や参戦できなかった者に公平に分配しました。ダビデはすべての栄光をただ神様に帰しました(23,26)。勝利と祝福の日に神様の恵みを忘れませんでした。

祈り:主よ!私が勝利の日に、神様の恵みに感謝し、栄光を神様に帰する謙遜な者になるように助けてください。

一言:栄光を神様に
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
主によって奮い立ったダビデ
Iサムエル 30:1-15

 「民がみな、自分たちの息子、娘たちのことで心を悩まし、ダビデを石で打ち殺そうと言いだしたからである。しかし、ダビデは彼の神、主によって奮い立った。」(6)

I.主によって奮い立ったダビデ(1-6)
 ダビデがツィケラグに帰ってみると、大きな不幸が待っていました。ダビデがいない間に、アマレク人がツィケラグを攻撃し、火で焼き払い、女たちをとりこにし、連れ去っていました(1,2)。民たちは悲しみのあまり、ダビデを石で打ち殺そうとしました。ダビデは非常に悩みました。彼はどうすることもできませんでした。絶望してためらうしかありませんでした。このような時、ダビデは何をしましたか。彼の神、主によって奮い立ちました。
 試練に会えば、自分を責め虐げて、さらに深い絶望に陥ってしまうことが多いものです。しかし神様はご自分に頼り、出て行く者に、力をくださり、勇気をお与えになります。私たちがどんな状況に処せられても、神様は私たちの救いとなってくださるのです。

II.主の導きを求めるダビデ(7-15)
 緊迫した状況の中でも、ダビデは焦りませんでした。彼はまず神様に出て行って尋ねました。神様はこのようなダビデに「アマレクを追えば、勝利できる」という確信をくださいました。それだけではなく、神様は彼を導いてくださいました。野原でアマレクの軍隊を探している途中、一人のアマレク人の奴隷だったエジプトの少年に会うようになりましたが、彼がダビデをアマレク人の陣営まで案内してくれました。そしてダビデはアマレク人が奪い取って行ったもの全てを見つけることができました。神様はダビデの祈りに、具体的に答えてくださいました。

祈り:主よ!私が試練の時に絶望に陥ることなく、信仰によって、あなたの御前に出て行く者でありますように、私を御助けください。

一言:主によって奮い立つようになった
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
同族との戦いを避けるようになったダビデ
Iサムエル 29:1-11

 「そこで、ダビデとその部下は、翌朝早く、ペリシテ人の地へ帰って行った。」(11a)

I.ダビデを帰らせるように頼む領主たち(1-5)
 ペリシテ人がイスラエルを攻撃して戦争を起こすと、ペリシテ人の王の下で亡命生活をしていたダビデもその部下たちと共にペリシテの後軍として参戦せざるをえなくなりました。彼が同族を攻撃しなければならない苦境に処せられたのです。
 ところがペリシテ人の領主たちはダビデが参戦することを反対しました。前にはイスラエルが、後ろにはダビデが後軍としているために、ダビデが裏切れば、ペリシテはイスラエルに包囲されたのと同様だったからです。アキシュ王は、「ダビデがそうするはずがない」とダビデのために弁明しましたが、ペリシテ人の領主たちは怒り、ダビデを帰らせるように、強く求めました。神様は、苦境に落ちたダビデを、ペリシテ人の領主たちを通して、救おうとされたのです。

II.ダビデを帰らせるアキシュ(6-11)
 領主たちを説得させるのに失敗したアキシュ王はダビデを呼んで、「領主たちが良いと思わないから帰ってくれ」、と言いました。その時、ダビデはアキシュに自分の忠誠を見せるために、出陣できないことを抗議しました(8)。しかしアキシュはダビデを参戦させずに帰らせました。ペリシテ人の領主たちを通してダビデを帰らせようとされた方は神様です。ダビデは恐れのために偽りの誓いをするなど、神様の前で忌み嫌うことを行ないましたが、神様は真実な方なので、彼をわなから救い出してくださり、罪を犯さないように保護してくださいました。

祈り:主よ!私を不信と罪の道から救い出してください。あなたの義の道へと御導きください。

一言:真実な神様
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
神様に捨てられたサウル
Iサムエル 28:15-25

 「なぜ、私に尋ねるのか。主はあなたから去り、あなたの敵になられたのに。」(18)

I.サウルをお捨てになった神様(15-19)
 ペリシテ人が軍隊を率いると、サウルは神様に尋ねて行きました。しかし神様はサウルに何の答えもされませんでした。神様はサウルから去り、彼の敵になられました(16)。今サウルとその息子、そしてイスラエルの民はペリシテ人の手に渡され、王位はダビデに移るようになるのです(19)。
 この全ての結果がどこから来たものでしょうか。「あなたは主の御声に聞き従わず、燃える御怒りをもってアマレクを罰しなかったからだ。それゆえ、主はきょう、このことをあなたにされたのだ。」(18)。不従順を些細なことだと、思ってはいけません。小さな不従順が神様から捨てられる結果を招きます。今までの不従順を心痛めて悔い改め、神様に対する従順を学ばなければなりません。

II.地上に倒れたサウル(20-25)
 サムエルの口寄せを通して、自分に対する言葉を聞いたサウルは、そのまま倒れてしまいました。彼をさばこうとされる神様の御声を聞いて非常に恐れたからです。それに、恐れのために、一日中食事をすることができず、力がうせてしまいました。彼は自分に降りかかる神様の怒りとさばきに対する恐れのために絶望しました。神様に捨てられることより、悲しいことはありません。神様のさばきより、恐ろしいことはありません。

祈り:主よ!あなたに背を向けるとき、自由であるかのようですが、ついには破滅に至るのです。私があなたの御言葉の前に身をかがめ、聞き従う者でありますように御助けください。

一言:主の御言葉を聞いて従わなければ
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ