Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::旧約聖書::マラキ書
HOME > 旧約聖書 > マラキ書


主を恐れる者
マラキ 3:6-4:6

 「主を恐れ、主の御名を尊ぶ者たちのために、」(16)

I.完全な十分の一(3:6-12)
 神様は、私たちに全てを与えてくださいました。神様にたちかえった人は、そのことを忘れません。喜びと感謝の故に、あらゆるものの十分の一を神様にお返しします。感謝とともに主に捧げるとき、人は、天の窓が開かれるのを見るでしょう。神様があふれるばかりの祝福を注いで下さるのを見るでしょう。神様の御恵みを忘れ去れば、祝福の窓は閉ざされます。ですが、感謝と喜びに満ち溢れるとき、天の窓は開かれます。感謝の捧げものをする人には、主の守りがあり、その生きる地は満たされ、その人は、全ての民から「しあわせ者」と言われるようになるのです。

II.記憶の書がしるされる(3:13-4:6)
 ユダの民は思いました。「神に仕えるのはむなしいことだ。」と。彼らの目には、高ぶる者が幸せで、悪を行なっても栄えているかのように見えたのです。しかし、記憶の書は記されています。神様はご自分を恐れ、その御名を尊ぶ者を、確かに覚えておられます。その民は、神様のものです。人が我が子をあわれむように、神様は、その民を憐れまれるのです。そして、ついに、裁きの時が来ると、高ぶる者、悪を行なう者は燃えて灰となり、神様を恐れる者には、義の太陽が上り、その翼は癒され、牛舎の跳ね回る子牛ような喜びがおとずれるのです(4:2)。

祈り:主よ!私は、あなたを畏れます。あなたから全てを受けていることを覚えて、十分の一をお返しします。天の窓を開き、恵みを降り注がれる、あなたに感謝します。

一言:主を恐れる者
カテゴリ:旧約聖書::マラキ書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
契約の使者が来ている
マラキ 3:1-5

 「あなたがたが望んでいる契約の使者が、見よ、来ている。」(1)

I.自分の民をきよめる(1-3)
 神様はユダの民にメシヤをお遣わしになると約束されました。彼らはその約束の通りメシヤを求め、望んでいました。メシヤは預言者が道を備えた時、ある日突然現われます。「契約の使者」はメシヤを指しています。メシヤは金を精錬する者の火、布をさらす者の灰汁のようです。キリストはご自分の民をきよめ、純粋にするのです。キリストは神様の御言葉と霊的な戒めにより、ご自分の民の罪を除き去ります。そしてその心から、あらゆる不純物も、汚れも、悪い物も除き去るのです。どんなに酷く汚れた者も、契約の使者キリストの御言葉と戒めとを通して、内なるたましいはきよめられ、美しい者へと変えられます。キリストの戒めに与ることは大きな祝福なのです。

II.悪をさばかれる(4,5)
 キリストは、呪術者、姦淫を行なう者、偽って誓う者をさばかれます。不正な賃金で雇い人をしいたげ、やもめやみなしごを苦しめる者、在留異国人を押しのけて神様を恐れない者たちをさばかれます。世の中には多くの不義があります。それによって弱い人々が苦しめられています。ですが、神様はこれら全ての悪に報いられます。キリストは弱い者たちを守られ、苦しむ者たちの苦しみを取り除かれるのです。

祈り:主よ!あなたが私を鍛え導き、内なる人をきよめてくださることに感謝します。私があなたの戒めに心を開くことができますようにお導きください。

一言:契約の使者が来る時
カテゴリ:旧約聖書::マラキ書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
真実ではないユダ
マラキ 2:10-17

 「あなたがたは、あなたがたの霊に注意せよ。裏切ってはならない。」(16)

I.神様の御言葉に真実ではない(10-13)
 全てのユダの民はひとりの父なる神様を持ち、唯一の神様から創造されたことで、一つの兄弟のように互いに愛し、助けなければなりませんでした。ところが彼らは同じユダの民をだまし、奪い、偽りを言いました。互いに競争し、争い、互いの約束を守りませんでした。神様の約束を汚しました。ひどくなると彼らは異邦人の女と結婚し、神様の御言葉を破りました。神様はこのような彼らをヤコブの天幕から断たれます。神様は彼らのあやまちを顧みてくださらず、彼らを手から受け取ることもされません。神様の民は変わらない人、真実な人にならなければなりません。

II.妻に対して真実ではない(14-17)
 男と女が結婚する時、どんなことがあっても変わらないと互いに約束をします。その約束に対して神様が証人となられます。特に、神様は一人の妻だけをくださいましたが、これは敬虔な子どもを得ようとするためです。ところがユダは自分の妻に真実ではありませんでした。妻を虐待し、離婚しました。妻を嫌い、ほかの女を愛しました。神様は、離婚することと虐待することを嫌い、必ずさばかれます。罪を犯す者は「さばきの神はどこにいるのか。」と言いますが、神様は真実ではない人を必ずさばかれます。

祈り:主よ!私が正義であるあなたの御前で真実を知り、あなたの御言葉と妻に対し、まごころで生きるものでありますように。

一言:真実でありなさい
カテゴリ:旧約聖書::マラキ書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
祭司たちに対する警告
マラキ 2:1-9

 「あなたがたがわたしの道を守らず」(9)

I.神様を恐れない祭司たち(1-3)
 神様はレビ人たちを特別に区別して、祭司としてお立てになり、神様の家で仕えるようにされました。祭司の本分は神様を恐れることです。「神様を恐れる」とは神様の生きておられることと、聖なることを心の底から認め、神様の御言葉に聞き従って正しく生きることです。祭司たちがまず神様を恐れれば、民たちも神様を恐れるようになり、民の罪に対して怒り咎めることができます。ところがイスラエルでは祭司たちが神様を恐れませんでした。

II.契約を蔑んだ祭司たち(4-9)
 神様は祭司たちの先祖であるレビと契約を立て、レビは契約を守りました。レビは神様の律法を愛して、その口には真理の教えがあり、多くの人を立ち返らせ、罪から離れさせました(6)。祭司の口が知識を守る時、人々がその口から教えを求めるようになります(7)。しかし今日の御言葉に出て来る祭司たちは神様の律法を蔑みました。彼らはレビの契約を廃しました。祭司たちが制度から抜け出したために、多くの人々も神様の律法から離れました。神様はそのような祭司たちをさげすまれ、軽んじられる者にされました。一般の民たちよりも祭司たちがもっと御言葉を愛さなければなりません。

祈り:主よ!あなたは、私のような者に目を留めてくださり、世から取り分けて祭司とされました。ありがとうございます。そして、この時代の霊的な導き手もまた、あなたを畏れ敬う者、あなたの御言葉を愛する者でありますように。

一言:祭司の職務
カテゴリ:旧約聖書::マラキ書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
どこにわたしへの尊敬があるのか
マラキ 1:1-14

 「もし、わたしが父であるなら、どこに、わたしへの尊敬があるのか。」(6)

I.弟でありながら愛されたイスラエル(1-5)
 イスラエルはバビロンの捕囚から帰った後、再び社会的、道徳的、霊的な腐敗に陥りました。このような彼らに向かって、預言者マラキは叱り、悔い改めを促します。イスラエルは神様の愛を多く受けながらも、神様を蔑しみました。彼らは「どのように、あなたが私たちを愛されたのですか。」と言って、神様の愛を疑いました。
 事実神様は彼らを特別に愛されました。ユダヤの伝統によれば、法的な相続人である兄をまず愛するのが当然でした。それでも神様は弟であるヤコブをまず愛され、兄エサウを憎まれました。神様はヤコブの子孫であるイスラエルは祝福されました。しかし兄エサウの子孫であるエドムの計画を砕かれ、エドムをさばかれたことで、その栄光を現されました。本当にイスラエルは神様から特別な愛を受けました。

II.悪い物を神様にささげたイスラエル(6-14)
 彼らに対する神様の愛を考えると、イスラエルは神様に最も良い供え物をささげても、その愛に全て答えることができませんでした。それでも彼らは良い物は自分のために残して置いて、盲や足なえや病気の羊を神様にささげました。このようなものは総督にささげても喜ばないものでした。彼らは神様の愛をむしろ軽んじる悪い人たちでした。

祈り:主よ!愛される資格のない私をも、あなたは愛してくださいました。ありがとうございます。あなたに最も良いものを御返しします。

一言:最も良いものを神様に
カテゴリ:旧約聖書::マラキ書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ