Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::旧約聖書::エゼキエル書
HOME > 旧約聖書 > エゼキエル書


主の栄光の幻
エゼキエル 1:1-28

 「それは主の栄光のように見えた。」(28)

I.私は神々しい幻を見た(1-3)
 本書はエゼキエルによって記録されました。エゼキエルはB.C.598年バビロンの王ネブカデネザルの統治8年頃に、ユダの王エホヤキンと共にバビロンに捕囚として連れて行かれました。ユダは深いやみと絶望に落ちていました。その時カルデヤのケバル川で天が開け、神様の幻がエゼキエルに現われました。同時に神様の御言葉と、主の御手がありました。神様は絶望するユダの民を救うために、エゼキエルを御言葉のしもべとしてお立てになりました。

II.それは主の栄光のように見えた(4-28)
 エゼキエルは、神様の幻の中で、四つの生きものと四つの輪を見ました。四つの生きものはおのおの四つの顔を持っていましたが、それは神様の摂理と監視がどこにでもあることを示しています。また四つの生きものの姿は燃える炭、たいまつのように見えましたが、それは純潔を意味します。四つの輪は生きものが動くとおりに動き、生きものは霊が行くところに行きました。これは世のすべてのものが神様の御旨の通りに動いていることを話しています。
 エゼキエルはさらに大空のはるか上の王座に着座された神様の御姿を見ました。彼が見た王座は栄光と恵み、勝利と統治、さばきの王座でした。これはユダや全世界が強大国バビロンによって左右されているようですが、実は高い御座に着座された神様が御旨に従って歴史の歯車を回しておられるという意味です。

祈り:主よ!絶望するこの民に神様の栄光を見せてくださり、新しい望みを持つように助けてください。

一言:栄光ある神様の幻
カテゴリ:旧約聖書::エゼキエル書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
主はここにおられる
エゼキエル 48:1-35

 「その日からこの町の名は、『主はここにおられる。』と呼ばれる。」(35)

I.各部族の境界線(1-29)
 神様は各部族が任意に地を得るようにするのではなく、神様がみずから各部族に住む地を指定してくださいました。神様は、各部族に地を与えた他に、聖なる地を区別して、その中央に主の宮を建て、またその地の一部を祭司とレビ人たちに回されました。その地は神様がゆだねられた地なので、売ったり取り替えたりしてはなりません(14)。土地の究極的な所有権は神様にあります(レビ25:8-17,25:34)。各部族ごとにその得た相続の地が、やせて斜面の地か、あるいは肥えて平坦な地であるかも知れません。しかしどんな土地であっても、各自の相続地は神様がみずから準備されたところなので、祝福の地であり、聖なる地です。

II.主はここにおられる(30-35)
 その町の各方角には三つの門があります。そしてその町の名前を「主はここにおられる。」とつけました。神様はご自分の民にゆだねられた町、そこにおられます。過去私たちは罪ととがによって、神様に出て行くことができませんでした。神様がこの地にイエス・キリストを遣わしてくださり、神様に出て行く道を開いてくださいました(ヘブ10:19,20)。神様はイエス様を通して、私たちに会ってくださいます。私たちが神様と交わり、共にいることはどれだけ大きな恵みなのでしょうか。

祈り:主よ!とがが多い私と共におられる大きな恵みに感謝します。

一言:主はここにおられる
カテゴリ:旧約聖書::エゼキエル書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
生物を生かす川
エゼキエル 47:1-12

 「この川が流れて行く所はどこででも、そこに群がるあらゆる生物は生き、非常に多くの魚がいるようになる。」(9)

I.小さな水が大きな川となった(1-6)
 神殿の敷居の下から水が出て東のほうへと流れ、祭壇の南、宮の右側の下から流れていました。その水は次第に水かさが増え、最初はエゼキエルの足首まであったのが、水を渡ると、さらに増えて腰に達し、もう一度渡ると、その水は増して、渡ることのできない川となりました。この川は神様から来る豊かな霊的祝福を象徴します。川の深さが次第に増えていくように、神様の恵みといのちの福音が世の人々に次第に広く、次第に深く、伝えられることを指します。神様の御座から流れる恵みの川は世界の人々を飲ませるのに十分なものです。

II.この川がはいる所では、すべてのものが生きる(7-12)
 この川が流れて行く所はどこででも、群がるあらゆる生物は生き、非常に多くの魚がいるようになりました。この水がはいる所では、いのちの御業、回復の御業が起こるようになります。川の両岸には、あらゆる果樹が生長し、その葉も枯れず、人が食べる実がなっています。この川の水は、イエス様を信じる時得る聖霊を象徴することもあります。イエス様を信じる者はその中からいのちの川が流れ出るとあります(ヨハ7:38,39)。
 御霊が働く所にいのちが豊かになり、また美しい実が内的、外的に、結ぶようになります。御霊が働く所に驚くべき回復の御業が起こるようになります。

祈り:主よ!乾いた心に御霊を注いでくださり感謝します。御霊の御業によって、いのちの実が豊かになるように、助けてください。

一言:川のように流れる御霊
カテゴリ:旧約聖書::エゼキエル書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
息を吹き入れられる神様
エゼキエル 37:1-14

 「わたしがおまえたちの中に息を吹き入れるので、おまえたちは生き返る。」(5)

I.干からびた骨が満ちた谷間
 エゼキエルはある谷間に干からびた骨が満ちていたのを見ました。干からびた骨は蘇生の可能性が全くない最も絶望的な状態を現しています。この干からびた骨はバビロンで捕囚生活をしているイスラエルの民でした(11)。
 イスラエルは彼らの罪によって神様から捨てられ、干からびた骨のように絶望の状態に置かれました。彼らがもう一度昔の故郷に帰って、新しいイスラエルを再建することは、理性的に考えると、全く不可能なことでした。罪は人々から息を奪って行きます。罪を犯すほど、そのたましいは干からびた骨のように干からびていきます。私たちが罪を犯すのを恐れなければならない理由は、ここにあります。

II.干からびた骨に息を吹き入れられる神様
 エゼキエルが神様の御言葉を宣布すると、干からびた骨に驚くべきことが怒りました。あっちこっちに散らばっていた骨が動き、骨と骨とが互いにつながり、その上に筋がつき、肉が生じ、皮膚がその上をすっかりおおいました。その中に息が吹き入れられると、彼らは生き返り、自分の足で立ち上がり、非常に多くの集団になりました。干からびた骨が主の大きな集団に変わったのです。干からびた骨を大きな集団として生かされる神様はいのちの源であり、よみがえりの神様です。神様は、今日も罪によって干からびた骨のようになってしまった人々が生き返ることを、願われます。神様は御言葉の息で、死んだ者たちを生き返らせます。神様の御言葉は死んだ者を生き返らせる大きな力があります。神様には、干からびた骨であっても、望みがあります。

祈り:主よ!罪ととがによって死んだ者たちを生かしてくださり感謝します。私がいつも神様の御声を聞き、生き返るように助けてください。

一言:干からびた骨よ、おまえたちは生き返る

カテゴリ:旧約聖書::エゼキエル書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
新しい霊を授ける
エゼキエル 36:22-31

 「あなたがたに新しい心を与え、あなたがたのうちに新しい霊を授ける。わたしはあなたがたのからだから石の心を取り除き、あなたがたに肉の心を与える。」(26)

I.イスラエルをきよめられる神様(22-25)
 神様はイスラエルを選ばれ、聖なる国民、祭司の王国として立てられ、その栄光を現そうとされました。しかしイスラエルは神様に背き、偶像に仕えることで、神様の怒りのさばきを受けました。彼らは異邦人の捕囚となり、四方に散らされました。また神様の聖なる御名も諸国の民の間で汚されました。イスラエルは失敗しましたが、神様は失敗されません。神様はご自分の聖なる御名のために、イスラエルを諸国の民の間から連れ出され、本国に返されます。そしてきよい水で彼らをきよめられます。神様だけが私たちの汚れた霊と心をきよめることができる方です。
 子なる神様であるイエス・キリストの血は私たちの罪をきよめる神秘的な力があります。

II.新しい霊を授けられる神様(26-31)
 神様は私たちを罪の中から救ってくださるだけではなく、新しい霊と新しい心をくださいます。私たちのからだから石の心を取り除き、肉の心を与えられます。また神様の霊を授け、神様のおきてに従って歩ませます。神様の霊で満たされる時、力が生じ、御言葉に聞き従うことができます。神様の霊に満たされるために、私たちは絶えず悔い改め、イエス・キリストの血の恵みと力を受けなければなりません。神様の霊に満たされ、御言葉に聞き従う生活をする時、天の御国の喜びが伴います。

祈り:主よ!私が聖霊に満たされ、私の心が新しくなりますように。

一言:神様の御霊で満たされよう

カテゴリ:旧約聖書::エゼキエル書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ