Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::旧約聖書::ヨナ書
HOME > 旧約聖書 > ヨナ書


ニネベを惜しまれる神様
ヨナ書 4:1-11

 「まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。」(11)

I.どうぞ、私のいのちを取ってください(1-4)
 ヨナは、神様がニネベにわざわいをくだされなかったので非常に不愉快になり、怒りました。彼は、ニネベが悔い改めないことを願ったのに、すぐに彼らが悔い改めることでわざわいが下されないと、不平をこぼしました。それでこの有様を見ると、いっそうのこと自分のいのちを取ってくださいと言いました。ヨナの心情は理解できます。しかし彼は心の狭い民族主義者です。自分は救われても、ニネベは救いを受けてはならないという独善的な利己主義者でした。このように狭い心では聖なる神様の救いの御業に用いられることはできません。

II.この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか(5-11)
 ヨナはニネベの町がどうなるのか見ようと、町の東の方に仮小屋を作り、座っていました。彼は最後までニネベが滅ぶ姿を見たかったようです。その時神様はとうごまを通して、ヨナの心がどれだけ矛盾し、利己的なものであるのかを悟らせてくださいました。10,11節を読んでみましょう。神様はイスラエルの神様だけではなく、全人類の神様です。神様は、今も右も左もわきまえない民たちを惜しまれ、彼らが悔い改め、救いを受けることを願われます。私たちの周りには、右も左もわきまえない人々、国々が多くあります。彼らは自分に悪いことをしたり、私たちと何の関係もないために、私たちは彼らを嫌ったり無関心になることもできます。
 ところが神様は彼らも惜しまれ、救うことを願われます。

祈り:主よ!私の狭い心と無感覚な心を悔い改めます。ニネベのように受け入れがたい人々と国々であっても惜しむ心をください。

一言:ニネベも惜しまれる神様

カテゴリ:旧約聖書::ヨナ書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
ニネベの悔い改め
ヨナ書 3:1-10

 「ニネベの人々は神を信じ、断食を呼びかけ、身分の高い者から低い者まで荒布を着た。」(5)

I.神様のさばきを伝えたヨナ(1-4)
 ニネベは行き巡るのに三日かかるほどの大きな町でした。ヨナは一日中歩き回って叫びました。「もう四十日すると、ニネベは滅ぼされる。」それは神様のさばきの警告でした。弱小国の青年が、ニネベのような大きな町に行き、さばきを告げ知らせることは、大変な決断だったことは想像に難くありません。しかしヨナは臆することなく、神様の命令に従ったのです。

II.御言葉を聞いて悔い改めたニネベの民たち(5-10)
 ヨナがただ一日だけ御言葉を伝えた時、ニネベの民たちはそれを心から受け入れました。ニネベの人々は神様を信じ、断食し、荒布をまとい、灰の中に座りました。このことがニネベの王の耳に入ると、彼も荒布をまとい、灰の中に座りました。そして布告を出して命じました。「人も、家畜も、荒布を身にまとい、ひたすら神にお願いし、悪の道を悔い改めよ。」王を始め全ての民が暴虐な行ないを捨て、神様の憐れみを必死に願い求めました。神様は彼らが悪の道から立ち返ろうとしている姿を御覧になり、彼らにわざわいを下すことを思い直されました(10)。悪を行なった者には神様のさばきがあります。しかし神様の御言葉を心から受け入れ、嘆き悲しみ、悔い改める者は、赦されます。
 救いは聖なる行ないによってではなく、心からの悔い改めによって得られるのです。

祈り:主よ!あなたは、悔い改めて立ち返る者を赦される愛と憐れみに満ちた御方です。私は悪い道から離れます。御赦しください。

一言:ニネベの人々も悔い改めるなら

カテゴリ:旧約聖書::ヨナ書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
魚の腹の中から祈ったヨナ
ヨナ書 2:1-10

 「ヨナは魚の腹の中から、彼の神、主に祈って、」(1)

I.もう一度主の聖なる宮を仰ぎ見て祈るヨナ(1-7)
 ヨナは魚の腹の中から、自分の神、主に祈りました。彼は苦難の中にあって絶望するのではなく、自分を虐げるのでもなく、むしろ、神様に向かって叫んだのです。彼は祈りの中で自分の罪と向き合いました。そして、彼を海に投げ込まれた神様の御業の正しさを認めました。今受けている肉的な苦痛より、神様の御許から離れ去ろうとした霊的な罪を悲しんだのです。この嘆き悲しみの中で、彼は、もう一度、聖なる主の宮を仰ぎ見ました(4)。ですが、同時に、水に落ちたヨナは、命の危険を感じていました。
 彼のたましいは衰え果てました。しかし、その時、ヨナは神様のことを思いました。神様は、どんな状況にあっても自分の祈りを聞かれていること、そして、彼の命を救ってくださるということを確信して祈ったのです。
 どんなに苦しくて、たましいが衰え果てるような状況にあっても、神様の救いの愛を確信して祈るべきです。

II.私の誓いを果たしましょう(8,9)
 神様の救いを信じて仰ぎ見た時、ヨナの心には感謝が生まれました。彼は、祈りの中で、神様が自分を救い出してくださるなら、ニネベに行って御言葉を伝える使命を担うことを誓いました。誓いを果たす決意をしました(9)。
 ついに、ヨナは魚の腹の中で、相応しくない者に与えられる神様の御恵みを体験したのです。

祈り:主よ!たとえ、苦しみや絶望の中にあり、衰え果てている時でも、あなたの救いを確信して、あなただけを思い、祈ります。私を導いてください。

一言:魚の腹の中からさえも祈る

カテゴリ:旧約聖書::ヨナ書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
大きな魚を備えてくださった神様
ヨナ書 1:11-17

 「主は大きな魚を備えて、ヨナをのみこませた。」(17)

I.海に投げ込まれたヨナ(11-16)
 海はますます激しく揺れました。ヨナは自分のせいで乗船者が苦難の中にあることに苦悩し、最後に彼らに言いました。「自分を海に投げ込みなさい。」乗船者は、それを望みませんでしたが、もはや、どうすることもできず、ヨナを海に投げ込みました。すると海は静かになりました(15)。彼らは神様を畏れ、いけにえをささげ、誓願を立てました。神様は、何も知らず、自分の神々の名を呼んでいた乗船者たちに、御自身こそが天地を創造された神であることを、御示しになられたのです。

II.大きな魚を備えられた神様(17)
 海がますます荒れた時、ヨナは自分の罪を悔い改め、神様の召されに聞き従う決心をすべきでした。しかし彼は、敵の町ニネベで悔い改めの福音を伝え、彼らに救いをもたらすことを望みませんでした。むしろ海に投げ込まれて死んだほうがましだと考えたのです。彼の心は頑なでした。このような頑なな心で閉ざされ、神様に心を開くことのできない者は、さばきを受けて仕方がないように思います。しかし、神様は彼を憐れまれました。そして大きな魚を備えて、彼をのみこませ、彼を救われたのです。神様は、もう一度、彼に悔い改めへの機会をくださいました。神様は、一度お選びになった者を、あらゆる機会を通じて救いへと召されようと望まれ、ご自分の御旨を現されます。そして、ヨナが三日三晩、魚の腹の中にいたという、この事実は、イエス様の死と復活を指し示すしるしなのです(マタ12:38-40)。

祈り:主よ!ありがとうございます。あなたは、頑なに心を閉ざし続けていた私のような者にさえ、望みかけ続けて下さり、悔い改めの機会をくださいました。

一言:頑なな者が甦るために

カテゴリ:旧約聖書::ヨナ書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
主の御顔を避けたヨナ
ヨナ書 1:1-10

 「しかしヨナは、主の御顔を避けてタルシシュヘのがれようとし、立って、」(3)

I.主の御顔を避けたヨナ(1-3)
 紀元前八百年頃、北イスラエルの預言者ヨナに神様の御言葉がありました。神様は、彼に、その当時、強大国だったアッシリヤの首都ニネベに行き、さばきと、悔い改めによる福音を伝えるようにと指し示されたのです。しかし、ヨナは敵国の人々が悔い改めて救いを受けることを望みませんでした。またさばきの御言葉を伝えるなら、どんな危険な目に会うかも知れません。それでヨナは、神様の呼び声を避けて逃れようとして、ニネベとは正反対のタルシシュへ向かう船に乗りました(3)。そしてさらに隠れようと、船底まで降りて行きました。神様の御言葉を忘れようと、ぐっすり寝込みました。

II.くじに当たったヨナ(4-10)
 しかし神様の御顔を避けて逃げる者が、深い眠りにつくことはできないのです。神様は海に大風を吹きつけました。船は難破しそうになり、水夫たちは自分の神に向かって叫び、船を軽くしようと船の積荷を海に投げ捨てるなど、大騒ぎとなりました。こうした中で眠っていたヨナも起こされて、最後に、乗船者たちはこのわざわいがだれのせいなのか知るために、くじを引きました。そして、そのくじにヨナが当たったのです。もはや、ヨナは、自分が神様の御顔を避けて逃れる者であることを告白する他ありませんでした(10)。神様の御声を聞いたものは、その呼びかけを逃れ得ません。私たちは神様を畏れ、その呼び声を聞いたとき、進み出る者であるべきです。

祈り:主よ!私は小さな自分の殻に閉じこもり、あなたが全世界に福音を伝えるようにと召されている、その呼び声が聞こえないふりをしていたのです。その罪を悔い改めます。今、あなたの御声に心を開きます。

一言:神様の御顔を避け続けることはできない

カテゴリ:旧約聖書::ヨナ書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ