Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::旧約聖書::アモス書
HOME > 旧約聖書 > アモス書


倒れている仮庵を起こされた神様
アモス書 9:1-15

 「その日、わたしはダビデの倒れている仮庵を起こし、その破れを繕い、」(11)

I.ひとりも逃れる者はなく(1-10)
 義なる神様は罪を犯した者を裁かざるを得ません。罪を見過ごすことはできないのです。逃げる者も、逃れる者もありません。たとえ、「よみ」に下ろうとも、「天」に上ろうとも、最も高い「カルメル山」の頂きに身を隠そうとも、「海の底」に身を隠そうとも、さばきからは決して逃れられないのです。神様はふるいをかけて、穀物をはかるようにさばかれます。その時もみがらは消えない火に、実は集めて倉庫に入れられます。ですから、私たちが実のような生き方を選ぶなら恐れることはありません。どんなに恐ろしいさばきも、私たちの前を過ぎ越します。

II.ダビデの倒れている仮庵を建て直す(11-15)
 「ダビデの倒れている仮庵」とは神様のさばきを受けて倒れたイスラエルを表します。神様がこれを「繕って建て直される」とは彼の霊を再びよみがえらせ、牧者の国へと回復させることを表しています。そして、実際、これらすべての御業は成し遂げられたのです。イエス・キリストが来られたことによって成し遂げられたのです。新しいイスラエルが回復しました。そのイスラエルとは、国籍を持つものとして出生したという肉体的な根拠によるものではありません。イエス様をキリストとして信じ、イエス様とつながった者によるものなのです。神様の救いの御業は、人の罪によって、妨げられるようなものではありません。神様は今も、ご自分の御言葉を聞き、従う者たちを通して、救いの御業を成し続けられているのです。

祈り:主よ!この時代の数多くの罪を考える時、心が痛くなります。ですが、あなたは、今も変らず、御業を成し続けられているのですね。私は、あなたを仰ぎ見ます。この国を、牧者の国として甦らせてください。

一言:新しいイスラエルの御業

カテゴリ:旧約聖書::アモス書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
主のことばを聞くことのききんである
アモス書 8:1-14

 「主のことばを聞くことのききんである。」(11)

I.一かごの夏のくだもの(1-10)
 神様はアモスの目の前に、一かごの夏のくだものを現しました。「夏の」くだものとは、完全に熟したくだものです。それは、イスラエルの民の罪が熟したことを示しているのです。神様はこの幻によって、イスラエルに終わりが来たことを語っておられます。その日、歌は消え去り、泣きわめきで満ち、多くのしかばねが至る所に投げ捨てられます。このような悲惨な日が来るというのです。しかし、それは、偶発的に訪れるのではありません。盗み、偽り、驕り高ぶりを悔い改めることがないなら、さばきは必ず訪れるのです。

II.渇きのために衰え果てる(11-14)
 神様の御言葉を聞くことができるという事実、これは私たち人間にとって最も大きな恵みです。私たちは神様の御言葉を聞くたびに、共におられる神様と、その愛を知ることができるのです。人生の確かな目的に目が開かれ、生きる力が与えられるのです。しかし、その日が訪れると、もはや、主の御言葉を聞くことができなくなります。霊的なききんが来るのです。人は、海から海へとさまよい歩き、北から東へと、主のことばを捜し求めて、行き巡りますが、見出すことができずに終わります。その日、美しい若い女も、若い男も、渇きのために衰え果てます。人生で最も美しく、生命力に満ち溢れる時期であっても、神様の御言葉を聞くことができなければ、その人生は目的を失い、行き巡るばかりです。私たちはたましいを持った存在であり、パンだけで生きるのではありません。私たち人間には、物質的豊かさ以上に、主の御言葉が必要なのです。

祈り:主よ!御言葉を聞くことができず、行き巡る若い人々を憐れんでください。そして、私も、あなたの御言葉を携えて、彼らのもとへと出て行くことができますように。 私を遣わしてください。

一言:パンよりも、水よりも、主の御言葉を

カテゴリ:旧約聖書::アモス書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
わたしの民に預言せよ
アモス書 7:10-17

 「行って、わたしの民イスラエルに預言せよ。」(15)

I.預言するな(10-13,16-17)
 アモスはイスラエルの危機、さばきの到来を警告しました。これを聞いて当時の御用立て祭司だったアマツヤはアモスが謀反を企てているという偽りを王に話しました。そして、アモスに対しては、ユダへ追放すると言って脅迫しました。「先見者よ。ユダの地へ逃げて行け。その地でパンを食べ、その地で預言せよ。ベテルでは二度と預言するな。ここは王の聖所、王宮のある所だから。」(12,13)。アモスはこうした脅迫の前でも臆することなく、神様の預言を真直ぐに宣べ伝えました。ヤロブアム王は死に、イスラエルも滅びるとはっきりと警告したのです。そして、さらには、アマツヤに神様ののろいが降りかかることを預言します。彼は状況に屈することなく、大胆に神様の御言葉を証ししました。神様のしもべとはどんな状況に在っても、神様の御言葉を真直ぐに宣べ伝える者のことです。

II.預言せよ(14-15)
 アモスが臆することなく神様の御言葉を宣べ伝えることができたのは、神様から召されたという確信があったからです。彼は昔、テコアで羊を飼い、また、いちじく桑を栽培していました。そんな彼を、主が呼ばれたのです。「行って、わたしの民イスラエルに預言せよ。」(15)。人は、神様から召しを受け、また、その召しを確信してこそ、神様の御業を成し遂げることができるのです。

祈り:主よ!あなたは、私を、あなたの御言葉を証しする者として、召してくださいました。ありがとうございます。私が、どのような状況にあっても、あなたの御言葉を証しすることを臆することがないように力を与えてください。

一言:御言葉を証しせよ

カテゴリ:旧約聖書::アモス書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
どうぞお赦しください
アモス書 7:1-9

 「神、主よ。どうぞお赦しください。ヤコブはどうして生き残れましょう。」(2)

I.どうか、おやめください(1-6)
 神様はアモスに、将来、イスラエルにさばきを下されることを幻として見せてくださいました。最初の幻は、いなごによって、すべての植物を食べ尽くすというものでした。「いなご」という昆虫は、数万匹づつの大群をつくり、全ての植物を食べ尽くすのです。二番目の幻は、火が大淵を焼き尽くすというものでした。これは激しい飢饉を象徴しています。このように、神様のさばきとは、徹底した完全なさばきなのです。
 さばきの幻を見たアモスは神様に進み出て切に祈ります。「神、主よ。どうぞお赦しください。ヤコブはどうして生き残れましょう。彼は小さいのです。」(2)。アモスは今まで自分の民にさばきのメッセージを伝えて来ました。しかし、今、彼は、とりなしの祈りをしているのです。彼は心から民を愛していました。神様は、このようなアモスの祈りを聞かれました。彼の祈りを喜ばれ、御心を思い直されました。この時代にも、アモスのようなとりなしの祈りを捧げる、本物の牧者が必要です。

II.もう二度と彼らを見過ごさない(7-9)
 神様は私たち人間全てが悔い改めて救いを受けるようにと願われています。そして、ずっとずっと耐え忍んでおられます。しかし、永遠に待ってはくださらないのです。やがてさばきの時がおとずれます。「重りなわ」は家を建てる時に、縄の端に重りをつけ、建物が真っ直ぐ水平に建っているのかをはかる道具です。神様はこの重りなわのような確かな基準によって、歪んだ者たちを明らかにされるのです。

祈り:主よ!私を、アモスのように、民のためにとりなしの祈りをささげる良い牧者へと変えていってください。

一言:とりなしの祈り

カテゴリ:旧約聖書::アモス書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
安逸と驕り高ぶりを打たれる神様
アモス書 6:1-14

 「今、わたしは一つの民を起こしてあなたがたを攻める。」(14)

I.彼らは安逸をむさぼっていた(1-6)
 1節で、「シオンで安らかに住んでいる者」とは南ユダの指導者を指し、「サマリヤの山に信頼している者」とは北イスラエルの指導者を指しています。霊的な指導者には、その時代を見分け、神様の御旨を顧みる霊的な洞察力が求められているのです。霊的な洞察力がなければ、民を真理に導くことができず、神様の栄光を覆い隠してしまいます。ですが、当時、ユダとイスラエルの指導者たちは霊的な洞察力を失っていました。彼らは物質的な豊かさの中で、安逸と快楽のとりこになりました。神様は、周辺国家を滅ぼすことで、彼らに、さばきの警鐘を鳴らしましたが、彼らは安逸をむさぼり、食をむさぼり、快楽をむさぼりました。安逸は罪の温床であり、神様から人を遠ざけます。

II.彼らは驕り高ぶっていた(13)
 当時ヤロブアム王は、この世にあっては、すばらしい指導者でした。彼はレボ・ハマテからアラバの川筋まで領土を拡張しました。彼は自分の力でこれだけの拡大を成し遂げたという驕りに陥りました。彼は危機の日にも神様に頼ろうとはせず、軍隊の力や経済的な富に頼ろうとしました。しかし神様はまさに彼が頼るものによって、彼を打たれるのです。神様は謙る者は高め、驕り高ぶる者を低くされます。

祈り:主よ!私が安逸をむさぼる生き方、驕り高ぶるような生き方を捨てて、あなたの方を向きなおし、この人生を通じて、あなたに栄光をおかえしすることができますように助けてください。

一言:最も恐ろしい敵は、安逸と驕り高ぶり

カテゴリ:旧約聖書::アモス書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ