Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::旧約聖書::ホセア書
HOME > 旧約聖書 > ホセア書


わたしはイスラエルには露のようになる
ホセア書 14:1-9

 「わたしはイスラエルには露のようになる。彼はゆりのように花咲き、」(5)

I.ことばを用意して、主に立ち返り(1-3)
 イスラエルは罪を犯した代価でつまずきましたが、彼らの前に新しい日が待っていました。それで彼らは疲れずに、神様に立ち返らなければなりません。まず彼らは神様の御言葉を用意して立ち返らなければなりません。「ことばを用意して、主に立ち返る」とは、御言葉に基づいて自分の罪を告白し、傷つき泣き叫ぶ思いをささげることです。次に、彼らはくちびるの果実をささげなければなりません。「くちびるの果実をささげる」とは、「ただ神様だけに頼り、救いはただ神様だけがくださる」と信仰告白することです。今彼らはこれ以上手で造った物に向かって「私たちの神」とはいいません。みなしごのような彼らが主から憐れみを得たからです。

II.ゆりのように花咲き(4-9)
 神様は立ち返る者を喜んで愛し、すべての怒りを過ぎ去らせました。神様は彼らにとって露のような方です。「露」は植物に必要な水分を供給し、育って花咲き、実を結ばせます。誰でも神様に立ち返られば、神様はその人の露になります。それでゆりのように美しく、ポプラのように根を深く下ろし、どんな風雨にも揺れ動かされない人生にしてくださいます。またオリーブの木のような美しい若枝が伸び、人々はその陰に来て癒され、実を結ばせます。主に立ち返れば、その人だけが祝福を受けるのではなく、周りの多くの人々も一緒に祝福を受けるのです。

祈り:主よ!私と、全ての民は、御言葉とともに、露のようなあなたのもとへと立ち返ります。ゆりを花開かせるように、私たちを導いてください。

一言:露のようなあなたのもとへと

カテゴリ:旧約聖書::ホセア書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
わたしのほかに救う者はいない
ホセア書 13:1-16

 「あなたはわたしのほかに神を知らない。わたしのほかに救う者はいない。」(4)

I.主はイスラエルの中であがめられた(1-3)
 エフライムはイスラエルの中で最も能力がある部族で、彼らが話すと人々は恐れおののきました。彼らがこのようにあがめられたのは、神様の恵みによるものです。それで彼らは謙遜にその全ての栄光を神様に帰し、その能力を神様の栄光のために使わなければなりませんでした。しかし彼らは傲慢になり、自分を高めました。その結果、バアルに仕える罪に落ちました。神様がお与えになった能力で自分の栄光を求める時、偶像崇拝の罪に落ちてしまいます。彼らはこの罪のために、神様の怒りを受けすぐに消え去る露のように、打ち場から吹き去られるもみがらのように、なりました。何かできるのではないのかと言って神様の栄光のために生きなければ、最後に残るものは何もありません。

II.食べ飽きた時(4-16)
 神様は彼らがエジプトから出て来た時から彼らの神様になってくださいました。何よりも神様は彼らに、神様のほかに神を知らず、神様のほかに救う者がいないことを教えてくださいました(4)。神様は彼らを荒野から保護され、お腹いっぱい食べさせてくださいました。彼らは食べさせられるまま食べ、ついには食べ飽きるようになりました。ところが食べ飽きた時、心が高ぶり、神様を忘れてしまいました。結局彼らは神様の祝福をよく担うことができず、さばきを受けるようになります。祝福は受けることより、担うことのほうが難しいのです。食べ飽きて、平安のうちにある時こそ、神様を忘れてしまわないように、目を覚ましているべきなのです。

祈り:主よ!私と、私たちの集まりが栄光のうちに維持されているのは、あなたの御恵みの故です。高ぶることなく、祝福を保って行くことができますように助け導いてください。

一言:食べ飽きた時にこそ謙ろう

カテゴリ:旧約聖書::ホセア書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
絶えずあなたの神を待ち望め
ホセア書 12:1-14

 「絶えずあなたの神を待ち望め。」(6)

I.神様を待ち望め(1-6)
 イスラエルは神様よりも周辺の強大国に依存しました。彼らは東風のような虚しい物を追い求め、まやかしと暴虐とを増し加えていました。神様はこのような彼らをその行ないに従って、罰せようとされました。ホセアは虚しい物に頼っていましたが神様に立ち帰ったヤコブを証しすることで、悔い改めを促します。ヤコブは自分の欲望を満たすために人に頼り、財産に頼りました。しかしそれがどれだけ虚しいものであるのかを悟り、神様に出て行きました。神様は夜が明けるまで泣きながら格闘するヤコブに会ってくださいました。この神様は恵みの神様です。イスラエルはこの神様に立ち返り、誠実と公義とを守り、絶えず神様を待ち望む生活をしなければなりません(6)。

II.わたしは、あなたの神、主である(7-14)
 イスラエルはカナン人(商人)のように欺きのはかりを持ち、財産を得ました。そうしながらも彼らは正しいと主張しました。神様はこのような彼らの高ぶりをさばかれ、再び荒野生活をさせると警告されます。神様は、彼らが荒野生活での苦難を考えながら立ち返ることを願われました。彼らが荒野での生活の時から、彼らの神様になってくださったことを思い起こすように助けられました。「わたしは、エジプトの国にいたときから、あなたの神、主である。」(9)。また多くの預言者たちを通して、ビジョンをくださり、御言葉で悟らせ、導いてくださったその神様を仰ぎ見るように助けられました。ここに救いがあります。

祈り:主よ!私が人に頼り、人間の知恵で生きません。初めから私の神様になられた主を、絶えず待ち望むように助けてください。

一言:絶えず主を待ち望め

カテゴリ:旧約聖書::ホセア書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
わたしはあわれみで胸が熱くなっている。
ホセア書 11:1-12

 「あわれみで胸が熱くなっている。」(8)

I.愛の絆(1-4)
 神様はイスラエルがエジプトにいる時、彼らを愛し、子どもとされ、奴隷としての人生から召し出してくださいました。彼らはまるで幼子のようでした。神様は彼らに歩くことを教え、自らの足で立って生活をするように励ましたのです。彼らを抱き、癒してくださいました。神様は彼らを「人間の綱」、すなわち「愛の絆」で引いてくださいました。「人間の綱」とは牛や馬を引いていくために結ぶ綱とは正反対に、「愛と恵みで引く綱」を意味します。彼らは、少しでも辛いと神様に呟く者でしたが、神様は愛の絆を離されませんでした。歩くこともままならなかった彼らが、この愛の故に牧者へと成長していったのです。

II.どうしてあなたを見捨てることができようか(5-12)
 イスラエルは愛の絆を裏切りました。しかし彼への神様の愛は変わりませんでした。「エフライムよ。わたしはどうしてあなたを引き渡すことができようか。イスラエルよ。どうしてあなたを見捨てることができようか。どうしてわたしはあなたをアデマのように引き渡すことができようか。どうしてあなたをツェボイムのようにすることができようか。わたしの心はわたしのうちで沸き返り、わたしはあわれみで胸が熱くなっている。」(8)。「アデマ」「ツェボイム」はソドムやゴモラと共に滅ぼされた町です。神様はイスラエルを愛しておられたので、彼らが滅び行くままに見捨てることができませんでした。何とかして救おうとされました。私たちが救いを受けたのは、まさにこの熱い愛の故です。罪人に向けられたこの愛は、この世の愛を超えた特別な愛、神の愛なのです。

祈り:主よ!私は、燃え上がるような、あなたの愛により救いに与ることができました。これからは、あなたの愛にこたえ、あなた愛に生きて行きたいと思います。

一言:燃え上がる愛

カテゴリ:旧約聖書::ホセア書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
主を求める時は今
ホセア書 10:1-15

 「あなたがたは耕地を開拓せよ。今が、主を求める時だ。」(12)

I.二心(1-11)
 イスラエルは神様の祝福によって実を結ぶぶどうの木のようでした。しかし彼らは豊かになるに従って、多くの祭壇を作りました。彼らは表面上は神様に仕えているようでしたが、その内実は神様を恐れず、神様が王になられることも、その力も否定しました。彼らはみずから王になり、偶像に仕え、自我の望みのままに生きました。彼らは内と外が異なり、二心を持っていました(2)。しかし神様はそのような彼らの罪をご存知です。罪はさばかれます。麦打ち場で踏む雌の子牛のように、自らの欲望に従って生きていた者たちは重荷を負い、その上に人を乗せて働くような苦痛を味わうのです。

II.今が、(12-15)
 神様は彼らに悔い改めを促されます。「あなたがたは正義の種を蒔き、誠実の実を刈り入れよ。あなたがたは耕地を開拓せよ。今が、主を求める時だ。ついに、主は来て、正義をあなたがたに注がれる。」(12)。今は、二心を捨てて、まごころから主を求める時です。今は、罪のなすがままにしておいた心を耕すべき時です。今主に出て行けば、主は義の雨を降らせ、罪の赦しの恵みを注いでくださいます。神様は私たちが帰って来ることを待っておられます。しかし、終わりの時は近づいています。今、心の扉を開いて、神様を受け入れるべきです。明日は遅すぎるかも知れないのだから。

祈り:主よ!今、私は罪で荒れ果てた心を開拓し、あなたの御前に出て行きます。あなたの義の雨を注いでください。

一言:主を求める時は、今

カテゴリ:旧約聖書::ホセア書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ