Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::旧約聖書::歴代誌第一
HOME > 旧約聖書 > 歴代誌第一


王になったソロモン
歴代誌第一 29:20-30

 ダビデは彼の息子ソロモンを王として立てようと切に祈りました。ソロモンが神様に聞き従う王になるように祈り、宮を建築するように祈りました。ダビデは、ソロモンが幼くても、祈りによって彼を王として立てました。

I.非常に大いなる者になったソロモン王(20-26)
 すべての民がソロモンを王として認め、神様の前で油を注ぎ、君主として立てました(22)。ソロモンが王位に着くと栄え、すべてのイスラエルが聞き従い、すべてのつかさたちと勇士たちが服従しました。主がソロモンを非常に大いなる者とされ、彼に威厳をくださいました。
 ソロモンはダビデがウリヤの妻バテシェバによって生んだ二番目の子どもで、エディデヤ(神様に愛される)と名づけました(Ⅱサム12:25)。ソロモンはダビデの悔い改めの実であり、神様の愛と赦しの実です。そのソロモンが王になり、大いなる者になりました。
 神様の前では、悔い改めの実、愛の実が、人の義の実よりももっと尊いのです。

II.ダビデの死(26-30)
 ダビデは四十年間イスラエルを統治しました。彼は王となってイスラエルを統一し、その国家を正義と平和で治めました。そのようなダビデは長寿に恵まれ、齢も富も誉れも満ち満ちて死にました。
 彼の生涯は美しく、死も美しいものでした。ダビデは生涯主を喜ばせ、主の御旨を成し遂げるために全身全力しました。

祈り:主よ!私に悔い改めの実を結ばせてくださり、ダビデのように主を喜ばせる人生を生きるように助けてください。

一言:主を喜ばせる生涯は美しい

カテゴリ:旧約聖書::歴代誌第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
ダビデの最後の祈り
歴代誌第一 29:10-19

 ダビデは、民たちがみずから進んでささげるのを見て、喜びに勝てませんでした。彼はこのようにみずから進んでささげられる力をくださった神様に感謝の祈りをささげました。その内容は神様に対する賛美とソロモンのための祈りでした。

I.全てのものはあなたのものです(10-17)
 11,12節をご覧ください。ダビデは天と地のすべてのものが主に属し、また主によるものであることを歌っています。偉大さと栄えは主によるものであり、富と誉れはみな主の手にかかっています。ダビデは自分の力で王になったり、富と力を得たのではないことを知っていて、今の自分は神様によるものであり、ソロモンも神様によって偉大になることを信じました。
 民たちがささげた献金も、かれらの喜びの心も、神様から始まったものであることを認めました。ダビデは、自分と民たちが本来何者でもないことを認めました。ただ主のものを受け、主にささげたことを知っていました。あなたは本来何を持っていましたか。今のあなたになったのは誰によるものでしょうか。

II.ソロモンに全き心をください(18,19)
 ダビデは民たちが神様を覚え立ち帰るように祈ります。ソロモンのためには彼が全き心で、主の御言葉を守り、宮を建てるように祈ります。ここで「全き心」とは、すべての心をささげた献身を意味します。ダビデは、ソロモンが政治や外交がよくできることよりも、御言葉に聞き従って神様の御前に正しく立つように祈ります。

祈り:主よ!私のすべてのものが主によるものであることを告白します。私が心を尽くして、御言葉に聞き従い、使命に忠実であります。

一言:すべてのものは主のものである

カテゴリ:旧約聖書::歴代誌第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
みずから進んでその手にあふれるほど
歴代誌第一 29:1-9

 主にささげる者はないだろうか。
 ダビデは宮の建築が人のためではなく、神様のためであることをよく知っていました(1)。彼は宮のために個人的に全力を尽くして献金しました。そして民たちも献金するようにして、具体的に御業に参加させました。

I.私有の金を全力を尽くして献金したダビデ(1-5a)
 ダビデは宮の建築のために、公的に準備しただけではなく、個人的に率先して莫大な額の献金をしました(3,4)。これはダビデが彼の心から神様の宮を切に慕い求めたからです。どれだけ慕い求めていたのか、神様の宮の門番でもしようとしました。彼は神様を愛していたから、神様の御業のために惜しみなくささげました。
 世の人々は、世の中と自分を愛し、自分の家のためであるなら惜しみなく使います。しかし聖徒たちは神様を愛しているので、神様の御業に惜しみなく献身します。

II.全き心を持ち、みずから進んでささげた民(5b-9)
 5節前半部をご覧ください。ダビデはまず自分が手本を見せてから、民たちもみずから進んで神様にささげるように勧めました。王は民たちに献身を教えました。それで全ての一族の長たち、各部族の長たち、千人隊、百人隊の長たち、王の仕事の係長たちは、みずから進んでささげました。金、銀、青銅、鉄をささげ、宝石があるものは宝石をささげました。
 それで民たちはみな喜び、ダビデ王も喜びを禁じえませんでした。神様にささげる生活には天の喜びが臨みます。

祈り:主よ!この時間、利己的な心を悔い改めます。ダビデのように献身的にささげ、天の喜びを味わうように助けてください。

一言:献身する時、喜びが来る。

カテゴリ:旧約聖書::歴代誌第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
ダビデの設計、ソロモンの建築
歴代誌第一 28:1-21

 23-27章は、宮で各職分を任されたレビ人たちについての記録です。彼らは宮で神様に仕えるために選ばれた者として、大変尊い存在でした。ダビデは宮の建築のために全国大会を開催し、ソロモンに宮の設計図を見せました。

I.民たちの指導者に命じる(1-8)
 ダビデは各界、各層の指導者たちをエルサレムに呼び集めました。ダビデは彼らにまず自分の願いと弱さを話しました。ダビデがこのように自分の弱さをためらいもなく話すことができたのは、彼が神様の前で生きていたからです。続けてダビデは、神様がソロモンに置かれた御旨と約束を話しました(6,7)。
 その後ダビデ王は、彼らが神様に聞き従うように命じました(8)。ダビデが見る時、ソロモンや民の指導者たちは神様に聞き従わなければならず、神様の御業のために心を合わせて働かなければなりません。

II.宮の仕様書をソロモンに授ける(9-21)
 王は、ソロモンが神様を求めるように、命じました。そして王はソロモンに宮とその器具の詳細な仕様書を見せました(11-18)。ダビデは神様の啓示を受けて宮の仕様書をすでに完成させ、それを後継者に引き継がせました。ソロモンはその通りに建てれば良いのです。ダビデが計画して、ソロモンが実践するのです。これは継承と同労の実です。王は、後継者が信仰と勇気を持ってこれを推進するように、最後まで助けました。

祈り:主よ!神様の御業は先輩と後輩の同労で成し遂げることをまなびました。私たちの中で、先輩と後輩の美しい同労の御業が多く起こりますように。

一言:先輩と後輩の同労

カテゴリ:旧約聖書::歴代誌第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
宮の建築を準備するダビデ
歴代誌第一 22:1-17

 ダビデは宮を建てようとしましたが、戦争で多くの血を流したために禁じられました。神様は、その働きをソロモンに託されました。その時、ダビデはソロモンの働きのため、必要なすべてを備えました。

I.建築資材を多く準備したダビデ(1-5,14)
 ダビデは異国人の石切り工を集め、石材を切り出し、鉄と青銅を限りなく準備し、レバノンの杉の木も数え切れないほど用意しました。ダビデは前の患難の中でも、金十万タラントと銀百万タラントと、青銅と鉄は数え切れないほど多くのものを準備しました。全ての技術者たちを待機させました。
 ダビデは息子ソロモンに大きなことを任せました。同時に幼いソロモンがその大きなことができるように人と材料を準備しました(3,4)。今日私たちは子孫のために何を備えているでしょうか。

II.宮の建築を命じる(6-17)
 今ダビデはソロモンを呼んで、宮の建築を命じました。神様がソロモンにくださった約束を思い起こし、彼が神様の思慮と分別を持って国を治め、神様の律法を守るように命じました(11,12)。そして彼を力強く激励しました。
 ダビデは最後に命じました。「立ち上がって、行ないなさい。主があなたとともにおられるように。」(16)。人は働く使命の存在です。私たちにすることがあり、後輩にゆだねることができるのは大きな祝福です。

祈り:主よ!私が一生のうちには決して成し遂げられないような大きな仕事をお与えくださり感謝します。私は、その仕事を、信仰によって後を継ぐ者たちに委ねます。今、子孫へと続く未来を仰ぎ見ながら与えられた働きに勤しみます。

一言:子孫に信仰の遺産を

カテゴリ:旧約聖書::歴代誌第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ