Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::旧約聖書::申命記
HOME > 旧約聖書 > 申命記


モーセの死
申命記 34:1-12

 「モーセのような預言者は、もう再びイスラエルには起こらなかった。彼を主は、顔と顔とを合わせて選び出された。」(10)

I.ピスガの頂に登ったモーセ(1-8)
 モーセは四十年の間、イスラエルの民を導き、カナンの地の入り口にまで至りました。彼は、カナンの地に一歩足を踏み入れたいと切実に願っていたはずです。ですが、神様はそれをお許しにはなりませんでした。ピスガの頂で、生涯を閉じるように命じられました(32:49,50)。モーセは神様の御言葉を聞いた時、死から逃れようとしませんでした。彼はイスラエル人に申命記の御言葉を教えて彼らを祝福し、そして今、モアブの草原から、ピスガの頂へと登って行ったのです(1)。
 彼はただ神様の御旨に従いました。ピスガの頂からカナンを見下ろし、そして、全てを神様に委ねて、その生涯を閉じました。死んだとき、彼の目はかすまず、気力も衰えていませんでした(7)。彼は、この世での使命を終えて、喜びの中で神様に召され、神様の御許に行ったのです。

II.神様が用いられたモーセ(9-12)
 この世では、たとえ大きなことを成し遂げた人物であっても、死ねば、人々の記憶から失われて行くものです。ですが、モーセは、今も人々の記憶の中に生きています。彼はこの世で、神様と顔を合わせて、神様とともに歩みました(10)。そして、神様から力強い権威と恐るべき威力とを受け取り、人の前にあらわしました。彼は、一生涯、神様を愛し、神様に尊く用いられました。

祈り:主よ!私は、この世での成功には心惹かれません。モーセのように、ただ、あなたに用いていただくことだけが、私の望みです。 御導きください。

一言:神様に用いられる人生

カテゴリ:旧約聖書::申命記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
イスラエルを祝福するモーセ
申命記 33:1-29

 「しあわせなイスラエルよ。だれがあなたのようであろう。」(29)

I.律法をお与えになった祝福(1-5)
 神様の人モーセは死を前にして、イスラエル人を祝福しました。モーセは各部族を祝福する前に、イスラエルが受けた祝福を告げ知らせました。神様はイスラエルにいなずまのように律法を授けられました(2)。律法はイスラエルの民の罪と腐敗を焼き尽くし、彼らの人生を聖めます。罪の故に神様に背を向け、命への希望を見失い、苦みの中にあった民に、いなずまのような律法が与えられたのです。何と大きな祝福でしょう。イスラエルの民は律法によって、異邦の民から分け取られ、神様の民とされる御恵みに与りました。

II.部族ごとに対する祝福(6-29)
 今、モーセはイスラエルのそれぞれの部族を祝福します。モーセは、最初に、「ルベンは生きて、死なないように。その人数は少なくても。」と願い、次いで、ユダが守られるように、そして、レビの大祭司の務めが守られるように願いました。レビ族は、両親、兄弟、子どもをも顧みず、ただ神様の御言葉に仕えました(9)。 彼らは、イスラエルの民に神様の掟と律法とを教え続けて来ました。モーセは、このことを大いに評価し、彼らの祝福を切望しました。
 モーセは、全ての部族を祝福し、そして最後に、イスラエルは幸せだと言います(29)。彼らは、本当に幸せな民です。それは、永遠の御方、主が彼らの盾となり、彼らの勝利の剣となってくださるからです。神様の祝福が、彼らとともにあったからです。

祈り:主よ!あなたは、律法を与えて下さり、私の盾、私の剣となってくださいました。あなたの愛に触れて、私は幸せです。私が、とこしえまで、あなたの御恵みに満たされて生きる者でありますように。

一言:しあわせなイスラエルよ。だれがあなたのようであろう。

カテゴリ:旧約聖書::申命記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
強くあれ。雄々しくあれ。
申命記 31:1-13

 「強くあれ。雄々しくあれ。彼らを恐れてはならない。おののいてはならない。」(6)

I.主は、彼らをあなたがたに渡し(1-5)
 今日の御言葉は、モーセが彼の後継者ヨシュアとイスラエルの民に送った励ましの御言葉です。モーセが、最初に民に告げた言葉は何でしょう。彼は、民に対して、ヨシュアが素晴らしい人なので聞き従うようにと言ったのではありません。彼は、神様御自身が、彼らとともにいてくださることを教えました。神様が先に渡って行かれ、敵を滅ぼし、約束の地を与えてくださると告げたのです(3,4)。民を、落胆と不安から救い出すために必要なのは、単なる表面的な慰めではありません。神様に信頼を置くように助けることこそが何よりも必要なことなのです。

II.強くあれ。雄々しくあれ。(6-8)
 モーセは今、敵に立ち向かって行くヨシュアを呼んで告げました。「強くあれ。雄々しくあれ。」(7)主なる神様が、彼と共にいてくださることを告げました(8)。これは、神様の約束の御言葉であり(出3:12)、モーセが、民を導いた四十年の間に、身をもって体験したことでした。どんなことがあっても恐れてはならず、おののいてはならないのです。なぜなら、神様が共にいてくださるのだから。

III.御言葉を教えよ(9-13)
 モーセは祭司たちに律法の書を授け、七年ごとに全ての人々の前で読み聞かせるように命じました。それは、イスラエルの民が、世々にわたって御言葉に聞き従い、神様を恐れ敬う信仰を継承して行くためでした。

祈り:主よ!私が、ただあなただけに信頼し、全ての恐れから解き放たれて、あなたの福音の御業に御仕えして行く者でありますように。

一言:信仰と勇気を

カテゴリ:旧約聖書::申命記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
あなたは、再び、主の御声に聞き従い
申命記 30:1-20

 「あなたは、再び、主の御声に聞き従い、私が、きょう、あなたに命じる主のすべての命令を、行なうようになる。」(8)

I.この命令は、あなたにとってむずかしすぎるものではなく(1-14)
 神様は、選ばれた民が、御自身の御言葉に背を向けるとき、彼らから遠ざかりますが、彼らが悔い改めて立ち返り、神様に心を開き、心を尽くし、精神を尽くして神様を愛するならば、その人を喜ばれ、御恵みを与えてくださいます(1-10)。神様は、立ち返る者を赦し受け入れてくださる、憐れみと慈悲に満ちた御方なのです。
 私たちは神様の命令と聞くと重荷と思いがちです。自分の弱さや足りなさばかりに目が向いてしまい、神様の御言葉から遠ざかってしまいます。しかし、神様は、私たち一人一人のことを良く知っておられます。神様の命令は、私たちにとって難し過ぎるものでも、遠くかけ離れたものでもないのです。神様の命令は、天に上ったり、海を渡って行ったりして取って来なければならないようなものではありません。神様は、戒めの御言葉を、私たちの口に、また、心の内に下さいました(14)。主の戒めは、その本当の意味に気づいた人々にとっては、まさに宝のようなものであり、大いなる喜びとなるのです(詩119:14)。

II.生きるためにいのちを選びなさい(15-20)
 人は誰しもいのちと幸いを願い、死と災いを厭うものです。
 それは、運命で決まってしまうようなものではありません。いのちの道と死の道は選択の道なのです。主の御言葉は、私たちを、いのちと幸いへと導きます(16)。ですが、私たちが、世の誘惑に惑わされて、神様以外のものに導かれて行くならば、その先には死と災いが待っています(17,18)。私たちは、いのちを選ばなければなりません(19)。

祈り:主よ!あなたの御心を教えてください。私を、あなたの戒めの御言葉に聞き従う者としてください。いのちの道へと導いてください。

一言:主の戒めを喜びとせよ

カテゴリ:旧約聖書::申命記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
選択の道
申命記 29:1-29

 「私たちがこのみおしえのすべてのことばを行なうためである。」(29)

I.神様の御言葉に聞き従えば(1-17)
 イスラエルは神様がエジプトの地でなさった大きな試みと大きなしるしとを目の当たりにしました。神様は荒野で四十年の間イスラエルを導かれました。それ故に、彼らの着物はすり切れず、くつもすり切れませんでした(5)。また、多くの王が迎え撃ってきましたが、神様は彼らを打ち破り、その地を、イスラエルの部族に分け与えられたのです(7,8)。彼らはこのことを覚え、神様の契約の御言葉を守り抜いてゆくべきです。これからも栄えつづけるため(9)。神様は彼らをご自分の民とされ、そして自ら彼らの神になろうとされています(13)。イスラエルは、ただ、この御方を信じ、この御方に全てを御委ねすれば良いのです。

II.神様を離れれば(18-29)
 ですが、もしイスラエルが神様を拒絶し、異邦の民族の偶像に拠り頼むようになる時、神様の愛は、怒りとねたみに変わり、彼らの上に燃え上がります。全てののろいがのしかかり、ついには彼らの名前は消し去られるのです(20)。その地は荒れ果ててソドムとゴモラのようになり、もはや何の実も結べなくなります(23)。そして、選ばれた民は、神様を捨て、神様からも捨てられた民として、歴史に記憶されるのです。
 神様の御言葉を受け入れるならば祝福が訪れ、神様を拒絶するならばのろいが訪れる。そしてその選択は私たちの自由意志に委ねられている。とても単純なことですが、これが真理です。

祈り:主よ!私たちは決してあなたを離れず、あなたの御言葉の導くままに歩みます。約束の通りに、永遠の栄えを御与えください。

一言:主の御言葉のとおりに

カテゴリ:旧約聖書::申命記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ