Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::旧約聖書::ヨブ記
HOME > 旧約聖書 > ヨブ記


言葉を失ったヨブ
ヨブ記 40:1-24

 「ああ、私はつまらない者です。あなたに何と口答えできましょう。」(4a)

I.手を口に当てるばかりです(1-5)
 神様は、御自身がなされたことを話された後、ヨブに仰せられました。「非難する者が全能者と争おうとするのか。神を責める者は、それを言いたててみよ。」(2)。以前、ヨブは神様と討論したいとさえ思いました(23:4)。しかし大いなる神様の御前で自分の小ささに気が付いて、彼は告白しました。「ああ、私はつまらない者です。あなたに何と口答えできましょう。私はただ手を口に当てるばかりです。」(4,5)。彼は神様が為され、またつかさどられている大いなる御業を聞いた時、自分が神様のことを如何に知らなかったか、また自分がどれだけ卑小な存在であるのかを知りました。そして、神様の御前にへりくだりました。

II.わたしを罪に定めるのか(6-24)
 ヨブは自分がつまらない者であることを告白しつつも、一方では、過ちを犯さなかった自分が苦難を受けることへの理不尽な思いを捨て去ることは出来ませんでした。その時、神様は、再びあらしの中から現われました。ヨブを咎め、ヨブが高ぶる者を低くし、悪者どもをその場で踏みにじるならば、「あなたをたたえて言おう。あなたの右の手があなたを救えると。」と仰せられました(14)。神様は、暗にヨブの高ぶりを警告されたのです。そして言われました。「さあ、河馬を見よ。」 ここで「河馬」は、現在私たちが目にすることのできる河馬なのかは分かりません(恐竜を指しているとの説もあります)。いずれにせよ、この生き物は、非常な落ち着きと力強さを持ち合わせていました。彼らは、神様の創造物の中で第一の獣であり(19)、強い筋肉、青銅のような骨と鉄の棒のような肋骨を持っています。そして、たとえ川が氾濫しても、動じることがありません。一方、ヨブは、自分の境遇に絶望し、未来への恐れを抱いていました。神様は、そのような彼に仰せられたのです。「さあ、河馬を見よ。」と。

祈り:主よ!あなたの義と、あなたの主権に挑もうとしたとき、私の苦しみは増しました。しかし、今、私は口をふさぎ、あなたが仰せられることに信頼します。私の信仰を御守りください。

一言:口をふさいで、主がなされることを見よ

カテゴリ:旧約聖書::ヨブ記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
あなたが馬に力を与えるのか
ヨブ記 39:1-30

 「あなたが馬に力を与えるのか。」(19)

 神様は、さらに、野の獣をつかさどられる御自身の御業について知らしめます。「あなたは岩間の野やぎが子を産む時を知っているか。雌鹿が子を産むのを見守ったことがあるか。」(1)。人は、全ての野やぎや雌鹿がいつ子を産むのか、また、その子がどのように生まれ、どのように育ち、いつ母のもとを離れるのかを知りはしません。「だれが野ろばを解き放ったのか。」(5-8)。野ろばは、人の住まない荒地に生き、不毛の地をさすらいます。また、野牛は、人が治めることも、家畜として用いることもできません。だちょうは自分が産んだ卵も大切しません(14-16)。それは、神様がだちょうに知恵を授けなかったからです。人がだちょうに卵を抱くことを教えることはできません。「あなたが馬に力を与えるのか。その首にたてがみをつけるのか。」(19)。馬は谷で前掻きをし、武器に立ち向かって出て行きます。 恐れをあざ笑って、ひるまず、剣の前から退きません。角笛が鳴るごとに声高くいななき、遠くから戦いをかぎつけ、隊長の怒号と、ときの声を聞きつけます。馬をこのように走らせるのは人ではありません。鷲が高く上がり、その巣を高い所に作る(27,28)のは、人の命令によってでしょうか。違います。この自然界の全ては、神様によってつかさどられているのです。神様は森羅万象をつかさどる力と主権を持たれている、大いなる方です。私たちは、計り知れない大いなる神様の御業を覚え、ただこの御方の御前にへりくだるばかりです。

祈り:主よ!あなたの無限の知恵と力の御前に、私は何一つとして知ることのない者です。ただ、あなたの大いなる御業と御計画に信頼して歩むことができますように。

一言:馬と鷲が教えていること

カテゴリ:旧約聖書::ヨブ記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
あなたは知っているか
ヨブ記 38:1-41

 「わたしが地の基を定めたとき、あなたはどこにいたのか。」(4)

I.ヨブをお咎めになった神様(1,2)
 エリフの言葉が終わった直後、神様があらしの中からヨブに答えて仰せられました。ヨブは、罪を犯さなかった者が苦難を受けることについて、たくさんのことを神様に言いたいと思っていました。神様はこのような彼に言われました。「知識もなく言い分を述べて、摂理を暗くするこの者は誰か。」(2)。ヨブは神様の御心が分からないにもかかわらず、神様の摂理に疑いを抱き、言い分ばかりを主張しようとしていました。そうするとき、人はますます、神様が分からなくなって行ってしまうのです。

II.ヨブに尋ねられた神様(3-39)
 神様はヨブに尋ねられました。「わたしが地の基を定めたとき、あなたはどこにいたのか。その台座は何の上にはめ込まれたか。その隅の石はだれが据えたか。海がふき出て、胎内から流れ出たとき、だれが戸でこれを閉じ込めたか。 死の門があなたに現われたことがあるのか。だれが心のうちに知恵を置いたか。烏にえさを備えるのはだれか。」それらは、ヨブの人生も、ヨブの力もはるかに越えた御業でした。ただ、神様が、御自身の計画に基づいて、そのような偉大なことをされたのです。人は大いなる神様が行なわれることに、是非を唱えることはできません。神様が人々に対して行なわれることは、時として人には理解できないことがあります。ですが、私たちは、どんな時も神様の摂理に信頼し、すべてを感謝の心で受け止めて行くべきです。ただ、大いなる神様を賛美することに生きるべきなのです。

祈り:主よ!私には、大いなるあなたの為されることの是非を言うことはできません。ただ、全てに感謝し、従い、あなたに栄光を御帰しする者でありますように。

一言:だれが心のうちに知恵を置いたか

カテゴリ:旧約聖書::ヨブ記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
いのちの光で照らされる神様
ヨブ記 33:1-33

 「人のたましいをよみの穴から引き戻し、いのちの光で照らされる。」(30)

I.苦痛を通して訓練される神様(1-22)
 ヨブの友は「苦難=罪」という因果応報の視点から、苦難を受けたヨブを罪人と見なしました。ヨブは、彼らに、自分には罪がないと主張し、神様と直接言い争おうとしました。しかし、エリフは主なる神様と言い争おうとしたヨブの高ぶりを咎めました。「なぜ、あなたは神と言い争うのか。」(13)。そして、人に語られる神様について教えました。人は神様の教えから遠ざかりますが、神様は夢や幻ではっきりと語られます(14)。そして、人から悪い業を遠ざけ、高ぶりを除いて、人の魂が滅びに至らないように守ってくださいます。また、床の上で痛みを与え、骨々に痺れを与えて、人をへりくだらせます(19-22)。キリストに在る人々が受ける苦難のうちには、神様の御旨があるのです。ヨブの苦難の内にも、私たちの思いを越えた神様の愛がありました。

II.たましいを穴から引き戻される神様(23-33)
 苦難の時に、ひとりの御使い、すなわち代言者(仲介人)が現れます。彼が、人に代わってその正しさを告げるなら、神様はその代言者を受け入れてくだるのです。それによって、神様は贖いの対価を得たと言われ、人を憐れんでくださいます(24)。その時、人は青年の頃に返り、義を回復します。自分のたましいを墓から引き戻し、いのちの光を受けるのです(25-30)。

祈り:主よ!あなたは、苦難を通して、私をへりくだらせ、そして、とりなし手であられるイエス様を通して、いのちの光を与えてくださいました。このような大きな御恵みに、私は、ただ感謝するばかりです。

一言:苦難の時、それは、いのちの光を受ける時

カテゴリ:旧約聖書::ヨブ記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
正しい人、ヨブの生き方
ヨブ記 31:1-40

 「もし、私が金をおのれの頼みとし、」(24)

I.おとめを慕い求めなかった(1-12)
 ヨブは若い女性に心を惑わすことがありませんでした。彼は自分の目が見える限り、決して、おとめを慕い求めはしないことを誓っていました。情欲に心を惑わされて、隣人の門で待ち伏せするようなことはありませんでした(9)。彼の心は、目に従って歩みませんでした。肉の思いの奴隷になってしまうようなことは無かったのです。ヨブは若い時に娶った一人の妻を愛し、誠実を貫きました。

II.貧しい者たちを顧みた(13-23)
 ヨブは、しもべやはしための言い分をないがしろにするようなことはありませんでした。また、彼は、貧しい者、寡婦、孤児たちを顧みました。決して自分の腹だけを満たすのではなく、すべての人をあわれみました。うわべに関係なく人を貴び、心から仕えました。ヨブは自分の財産を自分のためだけに使うような利己的な金持ちではありませんでした。

III.金に望みを置きませんでした(24-40)
 ヨブは、人生の目的や価値を金に置きはしませんでした。彼は、財産に頼ることも、財産が多いから喜ぶこともありませんでした(24,25)。彼は、多くの財産をもっていましたが、ただ、神様に望みを置き、神様を喜ばせることを喜びとしました。彼は、自分が、神様に言い開きできることを確信していました。神様が彼に答えてくださることを願っていました(35)。ヨブが、このように告白したのは、彼自身、こんなにも正しく生きてきたのに、なぜ今の苦しみがあるのかと、神様の御旨をはかりかねて苦悩したのです。彼は苦難を受けていました。しかし、彼が聖い生き方を貫いたことは確かです。

祈り:主よ!ヨブは、正しい人としての生き方を貫きました。私も、あなたの御前で、決して恥ずべきことの無い義の器でありますように、聖め続けてください。

一言:財産ではなく神様を喜びとする

カテゴリ:旧約聖書::ヨブ記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ