Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::新約聖書::ガラテヤ人への手紙
HOME > 新約聖書 > ガラテヤ人への手紙


十字架だけを誇りとするパウロ
ガラテヤ人への手紙 6:11-18

律法主義者たちは肉に属しているために肉を誇りました。彼らは形式ばかりを重んじ、肉において外見を良くしたかったのです。しかし使徒パウロは十字架以外に誇りとするものは無いと言い切ります。

I.肉において外見を良くしたい人たち(11-13)
 律法主義者たちは割礼を重んじ、割礼を受けなければ救いを受けることができないとさえ主張しました。しかし割礼はしるしに過ぎず、それ自体が救いの要件ではありません。彼らは、肉を誇ることを求め、また、キリストの十字架によって迫害を受けたくなかったために、キリストの律法を守らず、肉の割礼ばかりを強調したのです。彼らは神様よりも、この世の人々からの評価を追い求めていました。

II.十字架だけを誇りとするパウロ(14-18)
 しかし使徒パウロは言うのです。自分には、私たちの主イエス・キリストの十字架以外に誇りとするものが決してあってはならない(14)、と。彼は、自分は世界に対して十字架につけられたのだと言います。つまり、この世の価値は彼にとっては意味を失いました。彼はこの世の人々が誇るべきもの全てを虚しく思いました。彼にとって意味があったのは、イエス・キリストの中で新しく造られることだけでした。彼にとって、唯一、十字架だけが誇りでした。彼はその身にイエス・キリストの焼印を帯びていました(17)。

祈り:主よ!使徒パウロのように、ただイエス・キリストの十字架だけを誇りとする福音の使徒へと、私を造り変えてください。

一言:十字架だけを誇りに

カテゴリ:新約聖書::ガラテヤ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
善を行なうのに飽いてはいけません
ガラテヤ人への手紙 6:1-10

人は誰しも過ちを犯すことがありますし、足りないこともあります。しかし、主に在る私たちは、人の過ちや足りないところを知ったとき、ただ責めたり批判したりするのではなく、愛を持って、その人が立ち直れるように助けていくべきです。

I.互いに重荷を負い合い(1-5)
 キリストに在る人は自分に厳しく、他人には寛大であるべきです。私たちは他の人が罪を犯したことを知った時、柔和な心でその人を正してあげるべきなのです。また同時に、自分自身を顧みて、自分も、そうした罪の誘惑に陥らないように気をつけるべきなのです(1)。キリストに在る私たちは、互いの重荷を負担し合うべきです。互いに苦しみを分け合い、互いに愛し合うべきです。それこそが、キリストの律法、すなわち愛を全うすることなのです。主によって贖われている身でありながら、自分を何かりっぱでもあるかのように思うなら、それは、自分をごまかして自己満足しようとしているだけです。本当は、主に在る者として、自分が負うべき当然の責任を負っているに過ぎません(4,5)。

II.善を行なうのに飽いてはいけません(6-10)
 みことばを教えられる人は、教える人とすべての良いものを分け合うべきです(6)。御言葉を教えてくれる人を尊び、お互いを愛するならば、神様の祝福が臨みます。
 私たちは思い違いをしてはいけません。神様は決して侮られるような方ではありません。人が何かを蒔けば、必ず蒔いた通りに刈り取ります(7,8)。ですから私たちは良い実を刈り取ることのできる日が必ず来ることを信じて、失望することなく善行を続けていくべきなのです。

祈り:主よ!私が他者の重荷を担い、キリストの律法を全うできるように、また、失望せずに善行に生きることができますように導いてください。

一言:蒔いた通りに刈り取る

カテゴリ:新約聖書::ガラテヤ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
御霊に導かれて進もうではありませんか
ガラテヤ人への手紙 5:16-26

本文は肉の欲望(=人の罪深い性質)を満足させる者の結ぶ実と、御霊によって導かれる者が結ぶ実が、それぞれ何であるのかを教えています。

I.肉の欲望を満足させる人々(16-21)
 肉の欲望を満足させようとする人は御霊に逆らっています。なぜなら肉の願うことと御霊は互いに対立しているからです(17)。肉の欲望を満足させようとするなら、人は、肉の行いという罪の実を結びます。それは、すなわち不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、ねたみ、酩酊、遊興、そういった類のものです(19-21a)。このような事柄に支配されている人々が神様の御国を相続することはありません(21b)。このような事柄の支配下にある人々の上には神様の御怒りが臨むのです(コロ3:5,6)。

II.御霊によって生きる者(22-26)
 御霊によって生きるなら、肉の支配からも、また律法からも自由になることができます(16,18)。しかし、それだけではありません。御霊によって生きるなら、御霊の実を結ぶことができるのです。御霊の実とは、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です(22,23)。こうした、内なる御霊の実を結ぶなら、それは外側にさえも現れていきます。
 自分の肉を、さまざまの情欲や欲望とともに十字架につけて、生まれ変わった私たちは、御霊によって生きているのです(24)。

祈り:主よ!私が、キリスト・イエスにつく者として、罪深い性質を十字架につけて御霊によって生き、御霊の実を結ぶように導いてください。

一言:私の結ぶ実は何か

カテゴリ:新約聖書::ガラテヤ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
愛をもって互いに仕えなさい
ガラテヤ人への手紙 5:1-15

今日の御言葉は、キリストが私たちにくださった自由と、その意味について、教えています。

I.愛によって働く信仰(1-6)
 キリストは私たちの罪によって十字架につけられ、自らの命を犠牲にして、私たちを自由にしてくださいました。ですから、私たちは、このキリストの恵みに生きて行きましょう。再び奴隷のくびきを負わされてはならないのです(1)。
 割礼は、律法を守ることで義と認められようとする人の努力です。もし私たちが義と認められるために何か努力が必要だと考えるなら、キリストの救いの恵みを無益なものにし、キリストから落ちてしまいます(4)。私たちは御霊に導かれ、信仰によって義をいただく望みを抱いているのです(5)。割礼や無割礼は救いとは無関係です。ただ愛を伴う信仰だけが、私たちが罪と死の勢力から救われる道なのです。まことの信仰は、まことの愛としてあらわれます。

II.愛をもって互いに仕えなさい
 ガラテヤの聖徒たちは真理に聞き従う生活をしていましたが、偽の教師によってかき乱されていました。パウロは彼らをかき乱す者は誰でもさばきを受けると警告します(7-12)。
 私たちは自由へと召されましたが、この自由が肉の働く機会となってしまうことを避けるべきです。この自由は、私たちが愛をもって互いに仕えて行くために与えられたのです。愛は多くの罪を覆い(Ⅰペテ4:8)、隣人を愛する者は、律法の形式をこえて、律法の本質を全うしているのです。(ロマ13:8)。

祈り:主よ!あなたが下さった自由によって放蕩することなく、愛をもって仕えるしもべとなるようにお導きください。

一言:愛を伴う信仰

カテゴリ:新約聖書::ガラテヤ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
二つの契約
ガラテヤ人への手紙 4:21-31

今日の本文では律法と恵みの違いが歴史的なできごとをたとえにして説明されています。イシュマエルとイサクはどちらもアブラハムの子どもでした。しかし母親が違ったために、一人は追放され、もう一人は祝福を受けました。この二人の女は二つの契約をあらわしているのです。

I.律法の母ハガル
 ハガルはアブラハムの女奴隷でした(22-25)。そのハガルの体から出たイシュマエルも同様に奴隷となってしまいました(24,創21:10)。彼は肉によって生まれたために(23)、彼はアブラハムを父と呼びながらも、自由になることができません。そして、その生活には喜びがなく、不平と不満で満ちていました。そのために、彼は約束の子イサクをいじめました(創21:9)。
 しかし彼はイサクと共に父の遺産を受けることができず、結局は荒野に追い出されてしまうのです(30)。このハガルの子とは、シナイ山の律法の子ども(24)を意味し、律法主義者たちをあらわしています。

II.恵みの母サラ
 サラはアブラハムの本妻であり、自由な身の女でした。サラの子どもであるイサクは、イシュマエルが肉によって生まれたのに対して、約束によって生まれた子ども(23)、御霊によって生まれた子どもなのです(29)。イサクはイシュマエルよりも年下で、その未熟さ故にからかいを受けました(創21:9)。しかし後には彼は祝福を受けるのです。サラは上にあるエルサレム、すなわち私たちの母親です。その子イサクは約束の子どもを意味し、これは私たちのことなのです。地上を支配する律法から解き放たれて、この天の約束を見上げる時、私たちはキリストに在る喜びに満たされるのです。

祈り:主よ!イサクのように未熟な私を助け、私を縛っているものから解放してください。

一言:私は恵みの子どもです

カテゴリ:新約聖書::ガラテヤ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ