Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::新約聖書::使徒の働き
HOME > 新約聖書 > 使徒の働き


福音をあかしする一年
使徒の働き 20:13-27

 「福音をあかしする任務を果たし終えることができるなら、私のいのちは少しも惜しいとは思いません。」(24)

I.謙遜と涙の牧者(13-21)
 今日の御言葉は、パウロがエペソ教会の長老たちをミレトに呼んで、彼らに伝えた告別メッセージの一部分です。パウロはエペソで謙遜の限りを尽くし、涙をもって、神様の羊の群れに仕えました。また彼は羊たちに益になることは、少しもためらわず、知らせ、教えました。彼は特に神様に対する悔い改めと、主イエス・キリストに対する信仰を教えました。彼は自分の利益と人気のためではなく、羊たちのために教えました。

II.福音のあかしをいのちよりも貴く思うパウロ(22-27)
 パウロは今、エルサレムに行こうとしましたが、そこには多くのなわめと苦しみが待っていることを、知っていました。しかしパウロはイエス様から受けた任務、すなわち神様の恵みの福音をあかしすることを果たし終えるためには、自分のいのちは少しも惜しいとは思いませんでした(24)。このように使徒パウロは自分のいのちよりも、神様の福音を更に貴く思いました。これは恵みの福音が律法の下で神様のさばきを受けて滅亡する自分自身を生かしたからであり、またすべての人々を罪と死から救うことを、知っていたからです。
 私たちがいのちをかけてすることは何でしょうか。多くの人々に神様の恵みの福音をあかしすることです。人ができる仕事の中で、これより貴いものは何もありません。

祈り:主よ!私が謙遜と涙で羊たちに仕え、いのちをかけて、神様の恵みの福音をあかしするように助けてください。

一言:いのちをかけて恵みの福音をあかししよう

カテゴリ:新約聖書::使徒の働き

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
地の果てにまで、わたしの証人となります
使徒の働き 1:1-14

 「しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」(8)

I.地の果てにまで、わたしの証人となります(1-8)
 十字架で死なれた後、イエス様は三日目によみがえられました。イエス様は四十日間弟子たちと共にいながら、数多くの確かな証拠をもって、ご自分のよみがえりを証しされ、また神の御国のことを話してくださいました(3)。イエス様の十字架の死と甦りによって、私たちは罪赦され、神様の御国への招きに与る者とされたのです。イエス様は弟子たちが聖霊を受け、ご自身が成し遂げられた神様の御国を宣べ伝えることを願われました(4,5)。ところが弟子たちの関心はどこまでもこの世の国にありました(6)。イエス様はこのような弟子たちに、イスラエルの回復は神様に御委ねし、彼らはエルサレムと、ユダヤとサマリヤの全土、地の果てにまで、イエス様の十字架の死と復活を証しする証人になるようにと命じられたのです(8)。
 世の中には大切にしたいことが数多くあります。しかし滅び行く魂を救い、彼らを神様の御国にお導きして行くこと以上に、大切なこと、急がなければならないことがあるでしょうか。神様の御国は広がって行きます。今私が、この場所で福音を伝えることから。

II.祈りに専念していた弟子たち(12-14)
 イエス様の世界宣教の使命を受けた時、弟子たちは、何をどのようにしたらよいかわからず茫然とするばかりでした。しかし、彼らはイエス様の命令に聞き従いました。彼らはイエス様が言われたことを信じて聖霊を待ち望み、エルサレムに入り、祈りに専念していました(14)。人の力では決して不可能な御業が祈りから始まるのです。

祈り:主よ!この世にとって、何よりも緊急を要するものは、あなたの御国に与ることなのですね。私は、地の果てにまで、あなたの福音を宣べ伝える者として歩みます。

一言:イスラエルの国より、まず神様の御国を

カテゴリ:新約聖書::使徒の働き

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ