Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::新約聖書::テトスへの手紙
HOME > 新約聖書 > テトスへの手紙


愚かな議論と論争を避けなさい
テトスへの手紙 3:1-15

 使徒パウロは、続けて、テトスに羊たちをどのように悟りへと導き、彼らに、どのような姿勢で仕えるべきであるのかを教えます。本文は、数多くの問題を抱えていた羊たちを導くための知恵を、具体的に示しています。

I.すべての人に優しい態度を示す者とならせなさい(1-7)
 霊的な導き手は、キリストに在る人々に注意を与えて、権威者たちに服し、すべての良いわざを進んでする者とならせます(1)。他人をそしらず、争わず、柔和で、すべての人に優しい態度を示す者とならせます(2)。今は、霊的な導き手として用いられている人であっても、過去にはさ迷える者でした。愚かな者であり、不従順で、いろいろな欲情と快楽の奴隷になり、悪意とねたみの中に生活し、互いに憎み合う者でした。しかし神様の大いなる慈しみの故に救われたのです。神様は、大きなあわれみのゆえに、聖霊による新生と更新との洗いを通して、私たちを救ってくださいました(5)。それ故に、私たちは永遠のいのちの望みによって、神様の御国の相続人となりました。この救いの恵みにの中に在って、私たちは、神様から受けたのと同じ愛で羊を抱き、仕えていく者へと変えられたのです。

II.愚かな議論と論争を避けなさい(8-15)
 私たちは愚かな議論、系図、口論、律法についての論争などを避けるべきです。それらは無益で、むだなものです。分派を起こす者は、一、二度戒めてから、除名すべきです(10)。このような人は堕落しており、自分で悪いと知りながら罪を犯しているので(11)、彼らをどこまでも助けようとすると罠に落ちてしまう恐れがあるからです。彼らのことは主に委ね、そして、私たちは、主のために労苦を厭わない人に仕えて行きましょう(13)。

祈り:主よ!私があなたの救いの恵みを常に覚え、羊たちに柔和な心で仕える者となりますように。私は、論争を避け、善を行ないます。

一言:聖霊による新生と更新との洗いを持って私たちを救ってくださいました

カテゴリ:新約聖書::テトスへの手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
あなたは健全な教えにふさわしいことを話しなさい。
テトスへの手紙 2:1-15

 霊の導き手は、人を、まことの道へと教え、導く使命に生きます。パウロはテトスに羊たちを、どこへ導いて行くべきなのか、目指すべきところを明確に指し示しています。

I.神様のことばがそしられるようなことのないためです(1-5)
 導き手は、老人たちには、自制し、謹厳で、慎み深くし、信仰と愛と忍耐とにおいて健全であるように教えます(2)。また、年をとった婦人たちには、神に仕えている者らしく敬虔にふるまい、悪口を言わず、大酒のとりこにならず、良いことを教える者であるように教えます(3)。そのとき、教えを受けた婦人たちも、また、若い婦人たちに、夫を愛し、子どもを愛し、慎み深く、貞潔で、家事に励み、優しく、自分の夫に従順であるようにと教えることができ、神様の御言葉が、私たちのうちに守られます(4,5)。

II.神様の教えを飾るようになるためです(6-15)
 若い人々には、思慮深くあるように勧めるべきです。そのためには、すべての点で、まず、私たち自身が良い模範を示し、人に教える時には、純粋に正しく、威厳をもって、非難を受けない健全なことばを使うべきです(7)。そうすれば、敵対する人々も、私たちについて、何も悪く言えなくなり、むしろ自分自身に恥じ入ることでしょう。また、仕える人々には、すべての点で自分の奉仕している主人に従い、喜ばれるようにと勧めるべきです(9)。それは、彼らの生き方の、あらゆる面において、私たちの救い主である神の教えにかなった美しさが現れるためです(10)。神様はイエス・キリストの尊い犠牲よって、私たちを罪の負債から救い出して下さり、きよめてくださいました(14)。それ故、私たちは、不敬虔とこの世の欲を捨て去り、この世にいる間、慎み深く、正しく、敬虔に生き、そして、神の御恵みへの大いなる望み、すなわち、救い主キリストの再臨を待ち望むことができるのです(12,13)。

祈り:主よ!すべてにわたって、あなたの子どもらしく、良いことに心を尽くし、そして、あなたの御言葉にふさわしく生きることができますように導いて下さい。

一言:神様の御言葉にふさわしく生きる

カテゴリ:新約聖書::テトスへの手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
霊の導き手の資質
テトスへの手紙 1:1-16

 テトスへの手紙は牧会書信と言われます。それは、この書信が、教会と主にある羊たちの導きと、ふさわしい導き手について、教えているからです。今日の本文には霊的な導き手の資質が語られています。

I.良い影響力の持ち主(5-8)
 霊的な導き手の条件は、まず、ひとりの妻の夫であり、その子どもは不品行を責められたり、反抗的であったりしない信者であることです(6)。そして、わがままでなく、短気でなく、酒飲みでなく、けんか好きでなく、不正な利を求めない人であることです(7)。つまりは、人々に非難されることのない、正しい人であることです。
 それに加えて、霊的な導き手には、旅人をよくもてなし、善を愛し、慎み深く、正しく、敬虔で、自制心がある人物であることが求められます。御霊の望みに、積極的に聞き従う人こそが、霊的な導き手としてふさわしいのです。

II.御言葉に聞き従う者(9-16)
 霊的な導き手は、また、神の御言葉の教師です。それは、自分自身が、教えを受けた主の御言葉をしっかりと守り、そして、その支えの上に、人々を励まし、反対者の誤りを正すことのできる人物を意味します(9)。
 しかし当時のクレテ教会には、多くの偽の教師たちがいて、とりわけ、割礼主義者たちは、御言葉から程遠い教えを説いていました。そして、クレテ人たちの多くは、嘘つき、なまけものと非難されても仕方のない人々でした(12)。彼らは、知性も良心も汚れてしまっていたのです。パウロは、テモテに、こうした人々を厳しく戒め、彼らの信仰を正しい道へと向かわせるように(13)、ユダヤ人たちのつくり話や、真理から離れた人々の戒律に向かわせることのないように(14)と指示しました。

祈り:主よ!私を、善を愛する御霊の望みで満たしてください。あなたの御言葉に生きることができますように導いてください。

一言:非難されるところのない神様のしもべ

カテゴリ:新約聖書::テトスへの手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
テトスへの手紙
 「これは信頼できることばですから、私は、あなたがこれらのことについて、確信をもって話すように願っています。それは、神を信じている人々が、良いわざに励むことを心がけるようになるためです。これらのことは良いことであって、人々に有益なことです。」(3:8)

I.著者と記録目的
 テトスへの手紙は、使徒パウロがテトスに書き送った書信です(1:1,3)。他の書信が教会全体に送ったものであるのに対し、テトスへの手紙は個人に宛てた書信であることが特徴です。
 この書信が記録された当時のクレテ教会は秩序が乱れ、信仰の良い行ないがありませんでした(1:10-13,2:1-10)。そのため、クレテ教会に残って仕えていたテトスに対し、使徒パウロは、監督の資格、偽の教師と異端に対する振る舞い方、福音の本質、老若男女が持つべき信仰の倫理、キリスト者の国家観等を、詳しく知らせました。

II.内容
 1.監督の任命(1:1-16)
 ①あいさつ(1:1-4)
 ②監督の資格(1:5-9)
 ③偽の教師たちの罪(1:10-16)
 2.秩序を持たせなさい
 ①健全なことばを用いなさい(2:1-15)
 ②良いわざを行ないなさい(3:1-11)
 ③頼み及びあいさつ(3:12-15)

カテゴリ:新約聖書::テトスへの手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ