Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::新約聖書::テモテへの手紙第二
HOME > 新約聖書 > テモテへの手紙第二


信仰を守り通しました
IIテモテ 4:1-8

 「走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。」(7)

 パウロはローマの監獄につながれています。しかし司令官のように霊的な子どもテモテに厳しく命じました。「みことばを宣べ伝えなさい。」さばき主であるキリストの再臨が近づきました。私たちの使命はさばきの日が来る前に、一人でも多く助けることです。御言葉を伝えることは、切迫し緊迫した命令です。御言葉を伝える時が別にあるわけではありません。時が良くても悪くてもしっかりやらなければなりません。人は真理の御言葉を聞くことを嫌います。聖書勉強に関心がある人は多くいません。それでも私たちは続けて伝えなければなりません。伝道の生活は苦難の生活です。苦難を嫌うなら伝道者になることができません。私たちは苦難を受け、伝道者の道を行かなければなりません。
 パウロは伝道者として自分の人生を注ぎの供え物のように注ぎました。今彼が世を去る時が近づきました。しかし彼は悲しみに陥りませんでした。彼は霊的な兵士として勇敢に戦いました。霊的なアスリートとして走るべき道のりを終えました。彼は生涯信仰を守り通しました。主に対する彼の信仰を倒そうとする数多くの敵たちがいました。絶望と恐れのために信仰の道が険しいこともありました。しかし彼は最後まで信仰を守りました。パウロは自分に義の栄光が用意されていることを確信しました。正しい審判者である主が自分の頭に栄光ある勝利の冠をかぶらせてくださることを慕い求めました。私たちが信仰を守り通した時、主は必ず義の冠をかぶらせてくださいます。新年も信仰を守り通し、伝道者の道を熱心に歩んで行くことができるように祈ります。

祈り:主よ!今日まで信仰を守り通すように助けてくださり感謝します。義の冠を慕い求め、信仰を守り通すことができるように助けてください。

一言:信仰を守り通しなさい
カテゴリ:新約聖書::テモテへの手紙第二

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
ともに立ち、力を与えてくださった主
テモテへの手紙第二 4:9-22

 手紙の最後に、パウロは、テモテへの個人的な頼みごとを記しています。ここには、パウロの同労者に対する愛と離れて行った者に対する許しを見ることができます。

I.どうか、彼らがそのためにさばかれることのありませんように(9-16)。
 パウロは、多くの羊たちを助けました。しかし彼らの中の多くが彼を見捨てました。こうした中で、最後まで信仰を守り通した同労者たちは、いとおしく懐かしく思われるものです。パウロはテモテが自分のところに来てくれることを待ち望んでいました。また、マルコもともに来てくれることを願っていました。信仰の戦いの中で励ましあった同労者が共にいることは私たちにとって大きな慰めであり、また力です。
 しかしながら、パウロは敵対し離れて行った人々を非難せず、むしろ彼らのために祈りました(16)。パウロは同労者たちを愛し、自分に敵対した人々もやはり愛しました。このような二つの愛を持つ者こそが、牧者と呼ばれるに相応しい者なのです。

II.みことばが余すところなく宣べ伝えられ(17-22)
 使徒パウロは敵対し離れた人々の故に、心に苦しみを経験しました。しかし彼はそこにとどまって無気力になってしまうことも、彼らを呪うこともありませんでした。なぜなら、主が彼とともに立ち、彼に力を与えてくださったからです(17)。彼は、自分を通して御言葉が余すところなく宣べ伝えられ、すべての国の人々がみことばを聞いて救いを得るようになるという、自分に置かれている主の御旨だけを見つめていました。困難や苦しみの中にあっても、主を仰ぎ見て生きましょう。この方は、いつも共におられ、力を与えてくださるのです。

祈り:主よ!離れ去った羊を思うとき心に痛みがあります。しかし、今、私と共におられ、私に力を与えてくださるあなたを仰ぎ見ます。ただ、あなたを希望として、あなたの御言葉を宣べ伝えて行くことができますように。

一言:自分の痛みを忘れ、福音の御業を覚える

カテゴリ:新約聖書::テモテへの手紙第二

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
みことばを宣べ伝えなさい
テモテへの手紙第二 4:1-8

 この世は、真理を歪曲し、日々、その罪を深くしています。そうした世界に生きる私たちは、時代の潮流に流されてしまいがちです。しかし使徒パウロは、悪い時代にあって、私たちがどのように生きるべきなのかを教えています。

I.時が良くても悪くてもしっかりやりなさい(1-5)
 パウロは、神様の御前で、そして、裁き主キリスト・イエスの御前で、その現われとその御国を思って、おごそかに命じました。「みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。」(2)。世の中がどこに向かおうとも、私たちは、ただ、キリストを目指して、御言葉を宣べ伝えるべきなのです。御言葉の中にこそ、救いがあり、真の望みがあるからです。しかし御言葉を宣べ伝えることは決して易しいことではありません。人々は健全な教えを嫌い、真理から耳をそむけ、空想話へとさ迷い出て行きます。私たちは、こうした困難に出会うと落胆し、御言葉を宣べ伝えることをあきらめてしまいがちです。ですがパウロは「時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。」と言うのです。商売する人は景気が悪くても、師走のかき入れ時ではなくても、品物を売るために、あらゆる方法を模索します。まして私たちは、キリストの福音を任されているのです。どんなに条件が悪かったとしても、あらゆる方法を模索して伝えて行くべきなのではないでしょうか。
 「みことばを宣べ伝えなさい。」これは、比類すべきもののない神様の至上命令です。神様は、あなたに、滅び行く世の中を救う使命を託されています。

II.義の栄冠が私のために用意されているだけです(6-8)
 パウロは御言葉を宣べ伝えることに生涯をささげました。たとえ多くの苦難があっても、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通したことを誇りとしました。そればかりか、自分のために用意されている義の栄冠を思い、彼の心は大きな望みで満ちているのです(8)。

祈り:主よ!私に、あなたの御言葉を宣べ伝える使命を託してくださったことをありがとうございます。時が良くても悪くても、この使命を全うします。

一言:時が良くても悪くてもしっかりやりなさい

カテゴリ:新約聖書::テモテへの手紙第二

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
困難な時代における聖書の重要性
テモテへの手紙第二 3:1-17

 皆さんは、聖書は世界のベストセラーであり、歴史に最も大きな影響をもたらした本であることを、よくご存知と思います。しかし、ある人は、それは過去のことであり、今は何の必要もないと言います。果たしてそうでしょうか。

I.終わりの日に困難を受ける時(1-13)
 1-5節をご覧下さい。ここには悪に支配されて腐敗した人間の姿が記されています。終わりの日には、人々は自分を愛する利己主義へと陥ります。お金や快楽を、神様以上に愛するようになります。そして、このような霊的な腐敗の故に、いつも学んではいるが、いつになっても真理を知ることのできない者たちになってしまうのです(7)。そして、敬虔に生きようとする者はみな、迫害を受けます(12)。これらのことは、テモテの時代だけの事ではありません。今は、ますます終末へと近づきつつあるのです。私たちは、終わりの日の困難の中で、一体どうしたら救いに与ることができるのでしょうか。

II.救いを受けさせる知恵がある聖書(14-17)
 今が悪い時代であったとしても、聖書を知っている者には救いの望みがあります。なぜなら聖書には人に救いを受けさせることのできる知恵に満ちているからです(15)。誰でも聖書を読み、イエス・キリストを信じるなら、救いを受け、金銭や快楽の奴隷のような状態から抜け出すことができます。それだけではありません。聖書は神様の霊感による書物なので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。聖書を学ぶとき、私たちが不完全だったとしても、神が、私たちの欠けた部分を補い、良い働きのために整えてくださいます。ですから、聖書を学ぶことは、終わりの日の唯一の望みなのです。

祈り:主よ!困難な時代に在っても、聖書の中には唯一の望みがあることを知っています。私が、あなたの御言葉をますます愛し、あなたの御言葉によって整えられますように。

一言:聖書の中には望みがある

カテゴリ:新約聖書::テモテへの手紙第二

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
尊いことに使われる器となるために
テモテへの手紙第二 2:14-26

 テモテの時代はギリシャ哲学の影響を受け、弁論を好む風潮がありました。教会にもこうした影響はあり、言葉の巧みさによって、人々の評価を得ようとする人がいました。しかし、主にある私たちは、こうした世の影響から自由にされています。神様の喜びに与る生き方とは、どのようなものなのでしょうか。

I.真理のみことばをまっすぐに説き明かし(14-20)
 言葉の争いは、何の益にもならないだけではなく、聞いている人々を滅ぼします。神様は、むなしいことばの争いをする人を用いられません。キリストの働き人は、ただ、真理のみことばをまっすぐに説き明かすべきなのです(15)。「まっすぐに説き明かす」とは、神様の御言葉を正確に知り、正確に伝えることです。この時代は、御言葉をまっすぐに説き明かし、教えることができる御言葉のしもべが、何にもまして求められています。
 御言葉をまっすぐに説き明かす御言葉のしもべになるためには、御言葉を恐れ敬い、御言葉を愛し、御言葉の真理を探り求めることに時間を投じる必要があります。

II.若い時の情欲を避けなさい(21-24)
 神様に尊いことに用いていただける器になるためには、聖められている必要があります。私たちは若い時の情欲を避けるべきです(22)。可能性のある若者が情欲の支配を受けて、自ら道を閉ざしてしまうとしたら、それは悲しむべきことです。ですから、私たちは情欲を制するべきです。そのために、パウロは、若いテモテに、きよい心で主を呼び求める人たちとともに、義と信仰と愛と平和を追い求めるようにと勧告しました(22)。

祈り:主よ!私は、あなたに喜ばれる働き人として成長したいと願っています。あなたの御言葉を愛し、きよめられた心で生きることができますように導いてください。

一言:御言葉をまっすぐに説き明かす働き人になる

カテゴリ:新約聖書::テモテへの手紙第二

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ