Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::新約聖書::コロサイ人への手紙
HOME > 新約聖書 > コロサイ人への手紙


使徒パウロの同労者たち
コロサイ人への手紙 4:2-18

 使徒パウロは優れた神様のしもべでした。しかし彼は一人で独善的に働くことは決してありませんでした。彼は行く所ごとに、キリストのうちに同労者を得、心を一つにして御業を担ったのです。

I.祈りを頼むパウロ(2-6)
 使徒パウロは、コロサイの聖徒たちの信仰が幼いからといって、彼らを養うべき羊とみなすばかりではありませんでした。彼らを福音の同労者とみなし、とりなしの祈りを頼んでいます。牢の中でも伝道の門が開かれ、キリストの奥義を語ることができるようにとの祈りを依頼したのです。 
 あなたは全ての重荷を一人で担ってしまい、信仰生活を辛く感じているようなことはありませんか。重荷を、ともに学ぶ兄弟姉妹と分かち合って下さい。そして、とりなしの祈りを依頼してください。お互いのために祈ることは大切なことです。

II.多様な人を同労者としたパウロ(7-18)
 テキコはパウロと一緒にしもべになった者で、パウロの事情をよく知っていました。人々にパウロについて知らせて祈りの支援を求めました(7,8)。オネシモはピレモンの家から逃亡して来た奴隷でしたが、パウロとの出会いを通じ、牢で福音を聞いて生まれ変わり、福音の同労者となりました(9)。パウロは、逃亡して牢に入れられたような人であっても決して無視することなく、まごころで仕えていたのです。また、パウロと一緒に牢に入れられたアリスタルコ、マルコ、ユストはパウロにとって大きな慰めとなりました(10,11)。他に、エパフラス、ルカ、デマス、ラオデキヤの兄弟たち、アルキポなど、数多くの同労者たちがいました(12-18)。パウロは様々な人々を同労者としました。同労者はひとりでに現れるものではありません。まごころで仕えることから、生まれてくるものなのです。

祈り:主よ!私が自分一人で抱え込むのではなく、自分の小ささを知って同労者たちを求め、彼らと心を合わせて、あなたの御業に仕えて行くことができますように。

一言:同労者はひとりでに現れるのではない

カテゴリ:新約聖書::コロサイ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
私たちがお互いに守るべきこと
コロサイ人への手紙 3:18-4:1

 ユダヤの旧来の教えでは、夫と妻、両親と子、主人と奴隷の関係において一方の義務ばかり強調されていました。しかし、今や、神様は御言葉を通して、私たちが、お互いに守るべきことについて教えてくださいます。

I.夫と妻の関係(3:18,19)
 妻は、夫に少し欠けた所があっても、彼に従うべきです。また、夫は妻を愛し尊ぶべきです。決してつらく当たってはいけません。彼女の苦労を理解して、必要な助けをして行くべきです。このように、夫と妻が互いを愛し、互いを尊ぶとき、家庭の平和が守られます。

II.両親と子の関係(20,21)
 子どもたちは、すべてのことについて、自分の考えを曲げまいとせず、両親について行くべきです。それは主に喜ばれることなのです。また、両親は理不尽な振る舞いで、子どもをおこらせ、失望させてしまうようなことになっては行けません。子どもは、親の所有物ではなく、神様から与えられた人格を持った存在です。ですから、彼らを決して軽く見ることなく、一人の人間として尊重するべきです。

III.主人としもべの関係(22-4:1)
 現代であれば、上司と部下の関係にも当てはまることですが、しもべは、主人にうわべだけで仕えるようになりやすいものです。見られていればきちんとやりますが、いないところでは適当になりがちです。しかし、私たちは、何事も、主に対してするように、まごころを込めて行なうべきです。
 また上司は権威を振りかざして、部下に不公正な態度をとってはいけません。神様を恐れ、義と公平を示すべきなのです。

祈り:主よ!私は、利己的であったことを悔い改めます。この地で、私たちが、あなたを信じる者として、お互いを尊び、愛し合うことが出来ますように。

一言:お互いを尊び

カテゴリ:新約聖書::コロサイ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
キリストにある新しい生き方
コロサイ人への手紙 3:12-17

 今日の御言葉は、キリストのうちにある新しい生き方について教えています。キリストに在る人々は、日々の生活の中でも、世の人々が得ることの出来ない御恵みを受け取って行くことが出来ます。そのための秘訣は何でしょうか。

I.これらすべての上に、愛を着けなさい(12-14)
 キリストに在る私達は神様の子どもとして、深い同情心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けていくべきです。誰かが他の人にあやまちを犯したとしても、不満を抱いていてはいけません。主が私たちの罪を一方的に赦してくださったことを覚え、私たちも互いに赦し合うべきです。そして、これらすべての上に愛を着けるべきです。愛こそが、これら全てを結ぶ帯だからです。私たちが共に生きようとすると様々な問題が生じます。その問題の本質は、愛の欠如にあります。愛こそが、多くの罪をおおい(Ⅰペテ4:8)、全てのものを完全にするものなのです(14)。

II.御言葉を豊かに住まわせなさい(15-17)
 この世で生きていく私たちのうちには、世の心配や悩み、恐れ、満たされない思いが入り込みやすいものです。もしも、心をキリストの愛と平和によって支配していただき、いつも感謝の中で生きることができるならば、どんなに幸せでしょう。では、どうすれば、そんな生き方ができるのでしょうか。そのためには、神様に心を開いていれば良いのです。自分自身のうちにキリストの御言葉を豊かに宿し、互いに教え合い、詩と賛美と霊の歌とによって主に向かって歌えば良いのです(16)。その時、 主の恵みが私たちのうちにおとずれて下さいます。そして、恐れも悩みも消え去り、心は感謝で満ち溢れます。
 日々の生活に忙しいために、心が閉ざされて、心から、御言葉も、賛美も消えていることがありませんか。心の渇きさえ忘れていることがありませんか。主の豊かな御恵みをいつも受け取ってください。それは、あなたの霊的ないのちのために必要だからです。あなたがますます祝福されて行くために必要だからです。

祈り:主よ!私が、いつも、あなたに心を開いて生きて行くことが出来ますように。私のうちに、あなたの愛があり、あなたの御言葉が生きて働きますように。

一言:主に心を開くとき、豊かな御恵みがおとずれる

カテゴリ:新約聖書::コロサイ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
上にあるものを求めなさい
コロサイ人への手紙 3:1-11

 今日の御言葉は、キリストとともによみがえらされた者が求めるべきものと、求めるべきでないものとを教えています。

I.上にあるものを求めなさい(1-4)
 私たちキリスト者は、復活して神様の右に座を占めておられるキリストを慕い、上にあるものを求めるべきです。将来、栄光のうちに現れるキリストを待ち望むべきです(4)。なぜなら、私たちはすでに罪に死んで、私たちのいのちはキリストと共に神様のうちに隠されているからです(3)。私たちは解き放たれました。もはや、地にあるものに縛られて生きるのではなく、日々高い所に向かって進んで行くことができるのです。私たちが御言葉に、神様に、そして、将来の栄光のうちに現れるキリストに心を向けるならば、地上のものに捕われることなく、聖い、喜びに満たされた生き方をすることができるのです。

II.地上にあるからだを殺してしまいなさい(5-11)
 信仰によって生きることは、上にあるものを求め、地上に属するからだを捨て去る生き方です。私たちにはキリストの中で新しい人を着たものの、過去の良くない習慣は残っています。私たちは、不品行、汚れ、情欲、悪い欲、むさぼりを完全に殺してしまいましょう(5)。また、怒り、憤り、悪意、そしり、口からでる恥ずべき言葉を、捨て去りましょう(8)。イエス様から来る救いは恵みです。ですから、私たちは、その恵みを慕い求め、地上のからだを振り返るべきではありません。地上の体には、神様の御怒りが下るからです。
 私たちは、昔の人とその行ないを脱ぎ捨てて、神様のかたちを着るため、霊の戦いの中にあります(10)。しかし、主とともにいる私たちは、この戦いに敗北することがありません。罪の欲望に打ち勝ち、栄光に満ちた生活を送ることができるのです。

祈り:主よ!私が新しい人を着た者として、地上のからだを殺し、上のものを求め続ける生き方ができるように御助けください。

一言:上にあるものを求めなさい

カテゴリ:新約聖書::コロサイ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
キリストの中に根ざしなさい
コロサイ人への手紙 2:6-23

I.彼にあって歩みなさい(6-15)
 イエス様を主として受け入れた者とは、彼にあって歩む者です(6)。そして、その中に根をおろして行く者です。私たちが根ざすべきところはイエス・キリストです。では、なぜイエス様に根ざすべきなのでしょうか。それは、彼の中にこそ、神様の満ち満ちたご性質が形をとって宿っているからです(9)。私たちは罪によって死んでいましたが、イエス様を信じて新しいいのちを受けました。キリストのうちには、私たちの成長にとって必要な御霊のいのちが満ちています。
 イエス様に根ざす時、私たちは、だましごとの哲学や世に属する空しい教えに左右されることの無い、確かな信仰を持つことができるのです。どんな試練や失敗があっても、決して失望せず、感謝に満ちあふれて生きていくことができるのです(7)。

II.どうしてこの世の幼稚な教えに従っているのか(16-23)
 偽の教師たちは、イエス様を信じるばかりではなく、ユダヤの伝統的な律法を守り、御使いを礼拝しなければならないと説きました(16,18)。しかし、こうしたことは、かしらであるイエス様に結びつかず、霊的ないのちを得る上では何の意味もありません。人の教えに従って、「すがるな。味わうな。さわるな。」というような定めに縛られることは、一見すると立派なようにも思えますが、罪の欲望を退ける上で何の効果もありません(23)。人から出る教えは、人の存在についての根本的な問題を何一つとして解決してはくれないのです。

祈り:主よ!私は、あなたを主としてお迎えしました。ですから、あなたのうちに根を下ろします。世の教えに揺れ動くことのない、確かな信仰を持ち、日々、感謝に満たされるようにお助けください。

一言:イエス様の中に根ざそう

カテゴリ:新約聖書::コロサイ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ